FC2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸9年・・・
死者の日の喧騒後、3日休業して復活
2018年11月07日 (水) | 編集 |
日本のハロウィンのようなバカ騒ぎはありません。(バカ騒ぎは渋谷だけ?)


ハロウィン時期のメキシコは、


ハロウィンの起源と同じく、死者の魂が現世に戻って来ると考える「死者の日」として、


日本でいうお盆と同じようなゆっくり休暇の時期。


だけど、私にとっては、パンと戦う日々。


この時期だけのパンはこちら→死者の日のパン


普段は、のんびり、自分のペースで玄関先にお店を開けていますが、


10月中旬から11月に入って数日は、まさに忙殺。
2018110702411664b.jpeg
気がついたら祭壇も片付けられ、残ったものがまとめられていたので一枚。


パンのために寝て、パンのために起き、パンのために食事をする日々。


わかっています。無茶なのは、


家庭用オーブンに、ホームベーカリーで、50個、100個の注文に応えようとしているから。


昨日までで、949個販売。


家族親戚に配った分も合わせると、1000個以上は焼きました。


小さいサイズでも、大人の手に乗せてちょうど掴めるくらいのサイズ。


家のオーブンでは、最大で18個しか焼けません。


大きいサイズなら8個しか入らない。無理すぎる。


今年、最初に注文を受けたのは、ふもとの町に住むパパのイトコ。


去年とほぼ同じく、大を40個、小を40個。


それでも、80個かぁ、焼けるかなぁ、、と不安になりながらお金を受け取り、


スケジュール組み開始。


その後は、義姉が職場の同僚から頼まれてくる注文が相次ぎ、


「小100個頼みたいんだけど、、」と言われた時は、


「もしかしたら無理かもしれない」と念のため伝えました。


「二日に分けて焼けばいいじゃなーい」と、トルティーヤを焼く人は簡単に言うけれど、


でもね。。。パンって一次発酵、二次発酵、丸めるにも力がいるし、


生地ができていればすぐに焼けるものじゃないので、


本当に手間と時間がかかるんです。


100個注文のお客さんは、死者の日の1週間前に受け取りだったので、
20181107024056c9f.jpeg
なんとか出来上がり。


でも、受け渡しの時に、「死者の日前日に、あともう100個頼みたいんだけど」と言われた時は、


「いや、それはム・・むり・・・です」と断りました。


たぶんパン屋と間違ってる。ここ普通の家なので。


でも、100個の2日後にあと50個ならと約束し、「手がもつかどうか・・」


とことわりを入れながら、結局作りあげました。


その後も、死者の日前日の大型注文は、結局いくつか断り、


前日、当日になって、急に明日10個とか、コマゴマしたものだけ受けました。


途中、午後から翌日の午前中まで停電した日があって、


頭に巻く懐中電灯をつけてパンを焼いたり、


急に、ハロウィンの夕方、入園前の赤ちゃんとお母さんたちがお菓子をもらいに来て、パンを焦がしたり
20181107024102557.jpeg



追加50個注文を受け渡す日に、チキンカツを1kg分作ってほしいと、義弟に頼まれてどっと疲れたり、


最後の注文分を焼き上げた時は、脱力。


歯磨きをする手も重くて上げられないくらい、腕がおかしくなりました。


でも、焼いた分だけ上手になる気はする。
201811070241132fa.jpeg
死者の日が終わって、「まだある〜?」と来るお客さんのために、ゆっくり焼いた分。


フワフワで、ホント美味しかった。


今年も、お墓は花でいっぱい。
201811070241130ee.jpeg


死者の日の翌日にお墓へ行ったので誰もいなくて、キックベース。
20181107024114b45.jpeg


喧騒の日々は、終わりました。
20181107024116256.jpeg

ビワがやっと
2018年10月13日 (土) | 編集 |

庭の写真を並べた記事(→庭のあれこれ)に、高さ30cmくらいのビワの苗が写っている。


あれから、まだ5年かぁ。
201810130240486d6.jpeg


随分と待ったような気がするけれど、やっと実がなった!!
2018101302404942f.jpeg


花が咲いて、実がなって、色づいて来るのを待つのは、楽しい。
20181013024040bc1.jpeg
スッキリに出演したCNCOやUSオープン優勝の大坂なおみちゃん
2018年09月28日 (金) | 編集 |
ラテン系ボーイズグループ(って書かれていることが多い)CNCO。
20180928101652abd.jpeg
写真は、オフィシャルページからお借りしました。


シー・エヌ・シー・オーって呼ぶと知ったのは、先日、日本の朝の情報番組スッキリに出演していた時。


メキシコでは、シエンシオって呼ばれてる。


スペイン語を話す男の子たちが、日本のテレビに出演してるっていうだけで、


なんだか嬉しい。


番組では英語を話していて、通訳さんも英語だったけど。


簡単に言えばラテン版ジャニーズグループみたいな、キャーキャー人気の5人組。


歌はジャニーズとは比べ物にならないか。


気になったので、調べてみたら、確かに5人ともラテンアメリカにゆかりのある出身だけど、


アメリカのニュージャージーで生まれて、3歳の時にエクアドルの家族の元へ引っ越した子や、


ニューヨーク生まれで、10歳まではドミニカ共和国で育ったとか、


カリフォルニア州生まれでメキシコ人家系の子とか、いろいろ。


なんだ、ほぼみんなアメリカ人なんだなぁ、などと考えていて、


自分もついついそう考えてしまうけれど、


よく日本で聞く、「何人(なにじん)?」っていう質問って、おかしいよなぁって思った。


それは、先日から気になっているUSオープン優勝の大坂なおみちゃんのことと、


自分の子供達のことを最近よく合わせて考えていることも影響している。


CNCOのインタビューを聞いていても、I’m from Cuba...とか言うように、


出身はどこで、両親は何系で、育ったのはどの国で、なんなら国籍はどこで、、とか、


日本で日本の両親から生まれて、日本の島で暮らす人たちには想像を超える、


「なにじん?」の質問に関係する質問と答えがあるよなぁと。


例えばアメリカに住んでいる人で言うと、


メキシコ人の両親から生まれたとか、キューバ生まれで、とか、プエルトリコ出身なんていうのは、


出身は新潟で東京で仕事をしているとか、母は関西人とか、


生まれは北海道だけど幼少時から名古屋で育ったので、、と何ら変わりのない感じ。


アメリカに住んでいるから、みんながみんな英語で話せるわけじゃないのと同じく、


日本語が上手じゃないのに日本人なの??って思うのもおかしいし、


見た目なんかも「なにじん?」には関係のない話だし。


それにしても、大坂選手の優勝スピーチで、


「すみません。みんながセリーナを応援してたのに」って言ってしまうあたりは、


日本的だなぁって、大好きになってしまった瞬間でした。


なんだか話題があっちへ行ったりこっちへ行ったりで、


さらに話が飛ぶけれど、


子供達には、メキシコの良いところと日本の良いところをバランスよく身につけて成長してほしい、


これはずーっと変わらず根本にある私の子育ての方針。


すみませんって言える謙虚さは、身についているかなぁ。
メキシコ独立記念日2018
2018年09月20日 (木) | 編集 |
写真で綴る、2018年の9月15、16日。


2018092010153906a.jpeg


2018092010153470e.jpeg


20180920101532423.jpeg


2018092010153890d.jpeg


20180920101533634.jpeg

Viva〜(万歳〜)!
20180920101530baa.jpeg
♪ア ビバノンノ♪
新学年開始
2018年08月25日 (土) | 編集 |
メキシコは、今週から新学年。


長男が中3、長女が小6、次女が小4になりました。


上の二人が卒業学年。早いものです。


学年が変わると大変なのが、教科書やノートにプラスチックのシートを貼り付ける、


Forrar (フォラール:カバーをかける)という作業。


初めての頃に比べれば慣れた分マシですが、今でもイヤでイヤで仕方ないこの作業。


まず、意味がわからない。何のためにカバーかけんの?と。


学年終わって、カバーとったらピカピカのままの教科書。捨てるだけやのに。


意味なーーーーーい。


無駄にプラスチック使って、環境破壊だ!無駄使い以外の何ものでもない!


と、今でも文句をブツブツ言いながらやります。


教科書は、大手文具店に売っている、


学年別の透明ブックカバーの存在をこのブログを通じて教えていただき、


その存在を知ってからは、スッカリ楽になりました。


毎年買い換えるのではなく、破れていないものは、次の年も使います。


旧学年の教科書からカバーを外して新しい学年の教科書に付け替えるだけ。


問題は、ノート。


国語は赤の表紙で、算数は青で、中の紙も横書きだとか、方眼何ミリだとか、指定がウルサイ。


表紙に、各自好きな絵をつけたり、シールを貼ったり、オリジナル・ノートを作って、
20180825011650eed.jpeg
長女はキティで統一。


最後に、透明の粘着シートを貼り付けて完成。


ヨレやシワにならないように、ピッタリ貼り付けていく地道な作業は、


几帳面なパパの役目。私は一切手を出しません。


それでなくてもやりたくない〜となっているのに、それに大雑把な性格が輪をかけて、


キレイに貼れるわけがない。


前の学年のノートは、余りを集めて一冊のノートにします。


留めのリングをクルクル外し、キレイな紙を集め、表紙を作り、シートを貼り、
201808250122225e4.jpeg


毛糸で左側の穴を縫い付けたら、出来上がり。
20180825011653f34.jpeg
こんな手作り感溢れるノートで勉強します。


リサイクルといえば、日本で妹がくれた可愛いノートも活躍中。
2018082501165129e.jpeg
年に何ページかしか使わないアートの授業ノートは、受験の世界史の回答が残ったノートで十分。


さて、朝六時起きの弁当作り生活の始まり〜。