最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

トウモロコシの季節と引っ越しのお手伝い

今年2度目の、焼きモロコシ。
IMG_4979a.jpg
先週末に初物を庭で焼いて家族で食べて、今週末も。


うちの畑の採れたてを食べられるのは、年に一度。
IMG_4970.jpg
今だけの旬です。


毎年この季節に、トウモロコシ狩りに泊まりに来てくれていた、


お友達家族が引越しすることになったので、


うちのトラックで、お手伝いに行って来ました。
IMG_4966a.jpg
一緒に手伝いに来てくれた義弟の言葉がせつない。


「義姉さんの友達は、みんな引っ越していっちゃうね」って。


いや、いや、でも、遊びに行ける場所が1つ増えたと思えば、


楽しみになる。


同じ国内なら、車で5時間半の距離だって、なんてことない。


いや・・・うん。遠いんだけどね。


夏休み2つ目のお出かけは、子供抜きの、遠出となりました。


帰りに見た虹。
IMG_4967a.jpg
友人の新生活が、幸先良いものになる暗示。

top↑

夏休みの日本語勉強

子供たちの学校が休みに入ると、日本語がしっかり勉強できる。
IMG_4915.jpg
特に夏休み。


メキシコの学校は、8月末から新学年なので、


夏休みを挟んで学年が変わる。


今は、日本でいう春休みのような感覚で、


宿題が全くないので有難い~。


期間は、5週間もあるので、ここで普段の遅れをしっかり取り戻したいところ。


相変わらず試行錯誤の日々だけど、


良くなったことといえば、3人が3人とも小学生になったので、


邪魔が全く入らなくなって、ラクだし、集中できるようになった!!


長男が低学年のころは、本当に、ほんとーーーに大変だったなぁ。


例えば、長男小2のころ、下の二人は、4歳と2歳。


長男に教えている横で、ギャーギャー泣いたり、騒がれたり、


次女を抱きかかえながら、長女にも何かお絵かきでもさせながらで、


終ったらグッタリ。思い出すだけでも頭が痛くなる。


子供たちのイトコ、ハトコたちも、夏休みになると、


普段よりもかなり一緒に遊ぶ率が高くなるけれど、


「宿題やってるから、あとでね」というセリフも、


もう、なんともなく聞き入れてくれるようになった。


<日本語の勉強が終われば、遊べる>が、みんなの常識になっている。


初めのころは、「え?なんで宿題?」


「なんの勉強?なんで、なんで?」


自分の子供たちに説明するよりウルサかった時もあったし、


みんなは一日中遊びほうけてるのに、


自分だけ机に向かわなければいけない状況に、


なんで僕だけ?私だけ勉強?なんて質問も、


もうされなくなって長い。


その間、何度も、もうやめてしまおうかと、思ったけれど、


でも、一番上が肝心。


一人目がやっていれば、下は自然とついてくると、


どこかで読んで、そうだなと信じて頑張ってきたけど、


本当にその通りだった。


上の二人は、毎日やることさえ決めてしまえば、


勝手に自分の都合のいい時間に始めるし、


次女の取りかかりが少し、上の二人より遅い時があるけれど、


でも、長男が2年生の時と比べれば、


今、次女が2年生の勉強をしている状態は、


かなりスムーズ。
IMG_4911.jpg
国語の教科書の絵のことで、楽しそうな二人。


国語
・音読(日本の「国語」の教科書を順番に読み進める)
・教科書ワーク2ページ(音読と同じ部分)
・漢字か言葉のドリル系1~2ページ

算数
・ドリル2ページ
(次女は、ドリル1ページに、九九を日本語で暗唱。)

が基本、毎日やること。


こうやって書いてみると、たいした量じゃないなぁ。


プラス、日記を書く日があったり、


漢字テストをやったり、


教科書の内容によっては、作文をしたり。


相変わらず、漢字がネックで、長男は小6の国語の勉強プラス、
IMG_4916_20170803134232377.jpg
小3の漢字を復習しているところ。


夏休みも、折り返し地点。


明日から、もうちょっと量を増やすかな。

top↑

遠足があればいいのに

夏休み中のお出かけ第一弾は、プエブラ市内の博物館へ。
(第二弾があるか、どうかはわからないけど・・・。)


市内北東の小高い丘にある、Parque de los fuertes(フエルテス公園)内には、


池や公園、オリンピックスタジアム、展望台にロープウェイなどや、


博物館が4,5館に、プラネタリウムまで揃った広大な施設。


その中で、今回は、Museo del evolucion(進化の博物館)へ。
museo.jpg
公式facebookからお借りしました。


日本でいう、自然史博物館のようなもの。


ネット情報では、滞在時間は1時間くらいとあったので、


小さな博物館かなぁと想像していたら、


長女曰く、「わたしたち2時間くらいいたよ」。


確かに、内容の濃い、ものすごく興味深い博物館でした。
IMG_4874a.jpg


なんで子供たちの通う小学校には遠足がないんだろう。


教科書に出てくる化石が目の前にあって、


鉱物や、恐竜や、動物や・・・人類の進化の歴史が、
IMG_4866.jpg
自分の目で見られるのに。


こんないい機会があるのに、


こういうところに、みんなで行って勉強するって、大切だと思うなぁ。


樹脂の化石の中に、虫。
IMG_4879.jpg
「初めて見たー!」と長男に言ったら、


「え?ママ、ジュラシックパークの映画に出てくるよ」とあっさり。


樹脂の化石って、琥珀なんですね。


「琥珀の虫入り」そう言われると聞いたことがあるような。


ネアンデルタール人の頭蓋骨とか、三葉虫やアンモナイトとか、


習った習った・・・と思い出しながら、子供たちにえらそうに説明したり。


充実な博物館タイム。


その後は、映画と買い物へ。


「カーズ3」を、一人15ペソ(100円以下!!!!安ーー!)で観ました。


夏休み中は、市内の博物館が、土曜の夜に無料になるイベントがあることを知ったり、


やっぱり市内は充実だなぁ・・・。


次はどこへ出かけようか。

top↑

8歳かぁ

夏の誕生日ラッシュ、7、8、9月と続きます。


第一弾は次女。8歳になりました。
IMG_4830a.jpg
おばあちゃんちにて。


3人目なので、いつまでたっても小っちゃい子のイメージ。


でも、数年前までは感じていた幼児っぽさは、もう全くない。


当たり前か。8歳だしね。


1年生のころは、なんとなく自信なさげだった次女も、


最近は、随分としっかりして、前記事のダンスもそうだし、


同年代の家族や友達との会話が、おねえさんって感じ。


いつも遊ぶ相手が、1つ年下のハトコちゃん二人だからかな。


去年は、何するにもやる気がイマイチだったのが、今年はがんばり屋さんに。
IMG_4742.jpg
成績も一番だったよ。


誕生日は、「アイスクリームケーキつくってね」のリクエストに応え、
IMG_4828_2017072413450754c.jpg
イチゴ、チョコ、バニラの3層アイスケーキを作りました。


「おにいちゃんもたべられるから」と優しい。小麦粉を控えている長男にもぴったり。


特に何が欲しいとも言わないので、ちょうど誕生日前日に引き取った


ラブラドールの子犬をプレゼント。
IMG_4825.jpg
3人元気で仲良しなのが、一番うれしいこと。


おめでとう!

top↑

今年の卒業式

はぁ・・・。早いなぁ・・・1年て。


もう今年の卒業式シーズンかぁ・・・と時の過ぎる早さを感じるものの、


去年は長男の卒業式で、


そこへ日本から妹が来てくれていたことを思い出すと、なんだか、


えらく遠い昔のような・・・。


あれ1年前だっけ・・・?と記憶の奥~のほうにある印象。


なんだろう、この変なバランスの感覚は。


としだなー。


さて卒業式。
IMG_4806_20170718074752556.jpg
ハトコくんが卒業。


今年は平穏に、長女と次女のダンスを楽しむのみ。


卒業生が踊るワルツに、


在校生はメキシコのいろいろな州の民族ダンスを踊ります。


担任の先生のやる気次第で、


2年生の次女は、3種類も踊るのに、


4年生の長女は、la danza de viejitos(ミチョアカン州の「老人のダンス」)だけ。
IMG_4770.jpg
「みんな恥ずかしがってまっすぐ歩くだけなんだよ。おもしろくない。」


顔が見えないのにね。


長女は、オリジナルの、足をガクガク、ブルブルさせる動きで、


来賓席からも指をさされて大爆笑をさらう、大物っぷり。


せっかくだから、これくらいやってくれたら楽しめる。


次女のほうは、去年はダンスに乗り気じゃなく、


2種類のダンスのうち、1つしか踊らなかったのに、


今年は、3種類も!


la boda huasteca hidalgense(イダルゴ州の結婚式がテーマのダンス)


では、なんと主役の新婦役。
IMG_4753a.jpg
「Salut!(サルッ:かんぱーい)!」


こちらも堂々として、安心して見ていられる、楽しい式でした。


次女はあと、カンペチェ州のlas campechanitasと、グアナフアト州のDanza de los torito


を踊ったけれど、パパにカメラを託したら、


遠すぎて、
IMG_4795.jpg
何のことやら~。


ビデオで楽しみます。

top↑