最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

田舎度

ここ、私の住む村がどれほど田舎かというと・・・、

バスや電車も走ってないし、スーパーやコンビニ、
銀行、郵便局なんてもちろんない。1年前まで電話は村に1軒だった。

電気、上下水道は整っているけど、ガスはプロパンガス、
軒続きのお義母さんの家ではまだ、料理やお風呂に一部、薪を使っている。
移動手段に馬やロバもよくみかけるし、うちにも動物はたくさんいる。
ヤギ、牛、にわとり、七面鳥、あひる、犬、ネコ。

村に雑貨屋が数軒あるので、普段はそこで買い物し、
週に1回来る八百屋さんとお肉屋さんでまとめ買い。
自分ちの畑で作った野菜も食べるし、お義兄さんが肉をさばけば、
超新鮮な豚肉や鶏肉も手に入る。

郵便屋が家まで配達に来ることなんてないので、
日本からの郵便を受け取るための私書箱までうちから車で30分。
その町にはスーパーもあるので、出かけたら必ずお買い物。

そんな田舎度100%の暮らしが結構気に入っている。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

メキシコに住む理由

今はメキシコに家があって住んでいるのだけれど、
それを決めるまでいろいろと考えた。
選択肢は3つ。
パパと出会い暮らしていた国(アメリカ)、
私の母国(日本)、パパの母国(メキシコ)。
どこも一長一短。生活していくうえで全部において完璧な場所はない。
でも最終的にメキシコを選んだのは、子どもの成長を考えて。
広々とした田舎で、大家族に囲まれて、動物や植物と身近に接しながら、
父母が常にそばにいる。
子ども達の人間形成を一番に考えると、そんなメキシコの生活環境が
私にはベストに思えた。
パパの仕事にくっついて行き、ヤギとたわむれているリィを見ていると、
ここに住んで良かったと思う。

テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活

top↑

2009年 七大できごと

2010年が始まってもう3ヶ月目。
だけどブログ始めに2009年を振り返ってみる。

起こった順に2009年の大きな出来事7つ。

1 家が完成。
2 家族でメキシコへ引越し。田舎暮らし始まる。
3 家族で日本へ旅行。パパ初日本。
4 リサ誕生。
5 リィ学校へ通いだす。
6 車を購入。
7 リンと会話ができるようになった。

top↑

渡墨1周年

3月23日でメキシコへやってきて丸1年。
1周年記念にブログを開始。
子どもたちとの日々、ここでの暮らし、好きな料理のことなど
つづってみようかな。

テーマ:ブログ始めました
ジャンル:日記

top↑