最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

水が出た!!!!

今日は畑で、お祝いのConvivio(コンビビオ:みんなで食事会)。
IMG_0756.jpg
テント下が会場。 右の機材が、井戸掘り。


<<やっと!やっと、出たーー!>>


って気持ちだろうね。


正直、私自身は、イマイチその喜びに乗り切れてないけれど、


みんなの嬉しそうな顔を見るのは、いいもの。
IMG_0747_20151006115914135.jpg
機材を撤収する作業員さんも、「やっと、家に帰れるー!」って気分だろうな。


下の写真の背景に写ってる青いビニールシート製のテント。ここで寝泊まりしていた人たちです。すごいな。


勇気があれば、村人たちのいい顔、もっとたくさん撮りたかったけど、


また撮ってる・・・って思われそうで、写真は数枚だけ。
IMG_0754_20151006115909c33.jpg
会長さんの話を聞く村の人たち。


3度目の正直で掘った井戸から水が出た。


村の半分くらいの人が関わることなのかな、たぶん。


この井戸は農業用水。


村にはすでに3つ4つ農業用の井戸があるけれど、


一部のエリアでは、前の井戸が枯れたきり、畑が使えないままだったところがあって、


今日の食事会で聞いた話では、


2008年からのプロジェクトで、やっと水に当たったそう。


食事会は1時からだったので、


パパに「私は行かないよ~」って言っていたのに、


食事会に連れて行くために子供たちを迎えにパパが畑から帰って来たら、


「みんながHIROKOを連れて来い」って言ってるーって。
(みんなって言っても、義母とかパパの叔父、叔母数人、従姉とかの親族数名ですが。)


でも、パンもピザもたくさん焼いてしまったし・・・。


そう思っている間に、学校帰りの子供たちが押し寄せて来てる中、


パパの従姉(イトコ)が、店の前から「HIROKO!!!行くよーー!」って叫んでるけど、


「今、無理ー!あとで行くからー!!」


とアイスをすくいながら、叫び返し、


気づいたら、横で、お客の子供たちをさばく、パパ従姉。


子供たちの波が一段落したら、「さぁ行こう!」と無理やり。


その後の、中学生、高校生のお客さんに売る分のピザやパンが残ってしまったけど、


仕方ないね。


出遅れたので、水のお披露目(笑)には間に合わず、
IMG_0744_20151006115917317.jpg
残った水たまりで、犬が涼んでいるところ。


↑こんな鉄の管、約50本が地中に。150m掘って、Positivoの結果が出ました。


この井戸の1つ前に掘ったのは、義父の畑がある場所で、


途中50mだったか100mだったかで水が出たけど、


量が少なくNegativoの結果で、それ以上掘るのを断念。(今も穴が開いたまま。)


で、この井戸も大半の人が半信半疑。


プロジェクトチームも「どうせ出ねえだろ」って雰囲気で、資金繰りも随分苦労したようだけど、


結果オーライ!


パパ始め、家族もかなりウキウキしてるけど、一体、いままで井戸掘りに投資した分、何年で戻ってくる計算なんだろ。


ま、細かいことはさておき、


このカラカラの気候で農業。水がなければどうにもならないから、ホント良かった。
スポンサーサイト

top↑

畑へ

お祭りの中日。


今日のお昼は、トウモロコシの苗の育ち具合を見に行くパパに付いて、畑へ。


毎日自分のことで忙しくしていると、


種まきの時期にも、みんなのご飯を作って送るだけで過ぎて行き、


知らないうちに苗はこんなに大きく育ってた。
IMG_2424.jpg


久しぶりの畑。毎年同じ風景。
IMG_2439.jpg
次に行くのは、トウモロコシ食べるころかなぁ。


長男は、あれこれ届けに行ったりするので、時々畑へ行くけれど、


子供たち3人とゆっくり遊ぶのはホント久々。
IMG_2432.jpg
ロープで、ブランコ。


3人で乗って、落っこちるのも、
IMG_2435.jpg


たのしー。
IMG_2437a.jpg
よく笑った一日。


途中で、ちょっと眠くなって、15分ほど昼寝。


長男が下二人を追いかけまわす遊びが始まり「きゃーーきゃー!」いう声で目が覚め、ちょうどいい仮眠。


風が気持ちよかった。
IMG_2442.jpg

top↑

畑でカレー

春休み、真っただ中。


いつものように、どこへ行くでもなく、過ごしている毎日。


朝ごはん(という名の、朝と昼の間の時間に食べるご飯)を用意していると、


向かいの公園を挟んで、向こう側に住んでいる、姪っ子がやってきて、


「今携帯にメッセージが来たよ。パパが、畑にご飯持って来てだって」。


あれ?馬を借りに行くっていったのに、


義兄の畑に寄って、そのまま手伝っているらしい。


ちょうどいいから、鍋ごと持って行って、みんな畑で食べてしまおう計画。


しかし、すっかり便利な時代になったね。


今は村でも若者はほとんどが携帯を持って、


Line(ライン)と同じようなWhatsAppというアプリで、メッセージを送り合う。


村には、最近ではふもとの的役場が提供するWifiがあるので、


ほとんどお金をかけずに、コミュニケーションできる。


今までなら、パパは自転車で戻ってきて、


みんなのご飯やら飲み物やらを両ハンドルにかけて、


フラフラしながら、また畑へ戻って行ってたのにね。


私は携帯を持たないので、


「自転車がないけど、何で、ご飯持って行けばいいの?」


と姪っ子にメッセージを送ってもらい、


「車で来てよ。」というので、


うちの子3人と甥っ子2人の子供5人を連れて、


自分たちのカレー鍋と、中には5合のお米の入った炊飯器と、


皿やスプーンや飲み物や諸々用意して、


お義母さんからは、畑で仕事をしている義父、義兄、義弟のご飯を預かって、


出発。車なら、何でも持っていけるからいいなー。
IMG_2180_2015040909471415a.jpg
いやー、畑に来たの、いつぶりだろう。気持ちいい。


結局、10人全員がカレーを食べるので、鍋は空っぽ。


子供たちが、石拾いのお手伝いをしている間、パパと自転車で、
IMG_2183.jpg
今年、新たに種まきをする畑を見に。


いい風~。


トウモロコシが育ってしまったら、見晴らしゼロになるので、
IMG_2184.jpg
今が一番、畑が広く感じる時期。

top↑

メキシコには紅葉がない?

気が付いたら、季節がすっかり変わっていました。
IMG_0459_20141020071332ab1.jpg
畑へ行くのは1ヶ月以上ぶり。


夏には、散々トウモロコシを食べ放題食べたのに、


その時期を過ぎると、すっかり畑から遠ざかっていました。


咲いている花の色も変わって、
IMG_0452.jpg IMG_0455.jpg
秋。コスモスがきれい。


刈り取ったトウモロコシを干しているのが、
IMG_0466.jpg
メキシコの秋の畑の風景。


久しぶりなので、ぐるっと一回りお散歩。


次女も5歳を過ぎて、すっかりみんなと同じように動けるようになって楽しい。
IMG_0461a.jpg
「あ!このおはな、かわいい~!」


ほんと。
IMG_0464a.jpg


ふと目に留まったこの2本の木。
IMG_0469a.jpg
緑の中に、この2本だけ赤く染まっていて気が付いた。


メキシコには紅葉(こうよう)がない?


周りを見回しても、木はぜんぶ緑色のまま。


赤や黄色やオレンジに染まる葉っぱは、ないのかな・・・。


なんて考えながら、


1時間ほどだったけど、パパがトウモロコシを刈り取ってる間、


今日もいっぱい遊んで楽しかったね。
IMG_0472a.jpg

top↑

夏休みにやることと言ったら

先週は、夏休み早々メキシコシティへ出かけたり、プエブラ市内へ出たり、


忙しく過ごしてみたけれど、2週目以降はなんの予定もなし。


やることと言えば、パパの仕事にくっついて行くくらい。
IMG_0098.jpg
「つまんなーい」


なんて、受け身の遊びに慣れてしまうと、


テレビもおもちゃも、おねえさんも、紙もクレヨンもない畑は、


「やること何にもない」って感じてしまうよね。


「ここはアイデア勝負だよ!」なんて、刺激して、
IMG_0112.jpg
だんだんと、その状況に慣れてくれば、


最後は笑顔。
IMG_0133.jpg
トラックに乗ってたヒモと、草と木の枝と、手足。あとは、何を使ったかな。


次から次へと遊びを発明して、「たのしかった~!」


と次の日も手ぶらで畑へ。(あ、オヤツは必需品だけど。)


頭のちょっと違う部分を使うような、こういう刺激も必要ね。
IMG_0119.jpg
木の高い所に引っかかってしまったヒモを取りに、木登り。


水路を整えていたパパから大声で呼ばれ、
IMG_0116.jpg


何かと思ったら、野性のウズラの卵。
IMG_0113.jpg
よくこんなにきれいに並べるねぇ・・・と感心しながら、


卵を温めていた母鳥を驚かしちゃったから、もう帰ってこないだろうし、


目隠しの草も刈ってしまったし、


水路のド真ん中なので、もうすぐ流れてくる農業用水に流されてしまうので、


持ち帰って、孵卵器に入れました。

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。