FC2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸9年・・・
日本語勉強の進捗
2018年08月05日 (日) | 編集 |
日本語の勉強は、学校がある日は細々としかできないけれど、


長期の休みに入ったら、ガッツリ取り組めるので、


学校の宿題が全くない、メキシコの夏休みは有難い存在。


棚の整理をしていたら、なつかしいものが出てきた。
201808050439154de.jpeg


こういうところから、コツコツ、コツコツ。
20180805043825d90.jpeg
よくまぁ、続けてきたなと思う。


この夏休みに入るか入らないかのころは、


「だから夏休みってやなんだよなぁ」なんて文句を言っていた子供達も、


毎日、毎日同じことを繰り返すうちに、


2〜3週目になると、何も声を掛けなくても、勝手に始めて、
20180805043853ab7.jpeg


どこからかカゴを取り出してきて、終わらせた勉強を「見てください」
2018080504382718d.jpeg
と言わんばかりに置いてあるからビックリする。


長女と次女は、毎朝、日本の学校ごっこをしながら、


キーン・コーン・カーン・コーンと口で鳴らすチャイムとともに、


「きりーっつ。気をつけ!れいっ。


一時間目の勉強を始めますっっ。」とか言いながら、


ごっこ遊び半分、勉強半分で、サッサと終わらせる。


長女と次女の国語の勉強は、半年遅れぐらいの四年生と二年生の勉強。


長女の漢字は、夏休みに四年生の漢字を最初から。


次女の漢字の勉強は、二年生の復習と三年生の新しい漢字を並行して。


長男は、なかなか定着しない四年生の漢字の復習の2回目。


国語は、四・五・六年生の読解を順に進めているところ。


前は、とにかく、実際の学年に必死に追いつこうとさせていたけれど、


読み込めないものを、無理に難しい文章を読ませても、


苦手意識ばかり増え、読みたくない、やりたくない、の悪循環になるので、


分かるところをさらに定着させるように、努力しているところ。


算数、数学、中学英語は、メキシコの学校も同じ進み方なので、


学年通りの内容を日本の学校で買ったドリルで進めています。


学校ごっこには、「図書」や「音楽」の時間もあるので、


静かに30分本を読む、とか、笛やハーモニカを吹いたり、


「総合」の時間には、お楽しみ会の準備とやらをやったり、


勝手に日本で学んだことの復習をしていて、面白いやら、有難いやら。
夏休みの日本語勉強
2017年08月03日 (木) | 編集 |
子供たちの学校が休みに入ると、日本語がしっかり勉強できる。
IMG_4915.jpg
特に夏休み。


メキシコの学校は、8月末から新学年なので、


夏休みを挟んで学年が変わる。


今は、日本でいう春休みのような感覚で、


宿題が全くないので有難い~。


期間は、5週間もあるので、ここで普段の遅れをしっかり取り戻したいところ。


相変わらず試行錯誤の日々だけど、


良くなったことといえば、3人が3人とも小学生になったので、


邪魔が全く入らなくなって、ラクだし、集中できるようになった!!


長男が低学年のころは、本当に、ほんとーーーに大変だったなぁ。


例えば、長男小2のころ、下の二人は、4歳と2歳。


長男に教えている横で、ギャーギャー泣いたり、騒がれたり、


次女を抱きかかえながら、長女にも何かお絵かきでもさせながらで、


終ったらグッタリ。思い出すだけでも頭が痛くなる。


子供たちのイトコ、ハトコたちも、夏休みになると、


普段よりもかなり一緒に遊ぶ率が高くなるけれど、


「宿題やってるから、あとでね」というセリフも、


もう、なんともなく聞き入れてくれるようになった。


<日本語の勉強が終われば、遊べる>が、みんなの常識になっている。


初めのころは、「え?なんで宿題?」


「なんの勉強?なんで、なんで?」


自分の子供たちに説明するよりウルサかった時もあったし、


みんなは一日中遊びほうけてるのに、


自分だけ机に向かわなければいけない状況に、


なんで僕だけ?私だけ勉強?なんて質問も、


もうされなくなって長い。


その間、何度も、もうやめてしまおうかと、思ったけれど、


でも、一番上が肝心。


一人目がやっていれば、下は自然とついてくると、


どこかで読んで、そうだなと信じて頑張ってきたけど、


本当にその通りだった。


上の二人は、毎日やることさえ決めてしまえば、


勝手に自分の都合のいい時間に始めるし、


次女の取りかかりが少し、上の二人より遅い時があるけれど、


でも、長男が2年生の時と比べれば、


今、次女が2年生の勉強をしている状態は、


かなりスムーズ。
IMG_4911.jpg
国語の教科書の絵のことで、楽しそうな二人。


国語
・音読(日本の「国語」の教科書を順番に読み進める)
・教科書ワーク2ページ(音読と同じ部分)
・漢字か言葉のドリル系1~2ページ

算数
・ドリル2ページ
(次女は、ドリル1ページに、九九を日本語で暗唱。)

が基本、毎日やること。


こうやって書いてみると、たいした量じゃないなぁ。


プラス、日記を書く日があったり、


漢字テストをやったり、


教科書の内容によっては、作文をしたり。


相変わらず、漢字がネックで、長男は小6の国語の勉強プラス、
IMG_4916_20170803134232377.jpg
小3の漢字を復習しているところ。


夏休みも、折り返し地点。


明日から、もうちょっと量を増やすかな。

日記の宿題に、課題山盛り
2017年07月08日 (土) | 編集 |
2週間不在の間、子供たちに課した宿題は、日記。


毎日書くこと。


パパがお尻をたたいてくれたお陰だと思いますが、


3人とも、ちゃんと毎日日記を書き続けました。


えらい!


ただ「書く」ということだけ見れば、よくやった、ほんとエライよー!と思うんだけど、


中身がね。


課題、山積みだなぁ。


とにかく、漢字がーー。


長男は、少しは漢字を使って日記を書いているけれど、誤字脱字だらけ。


見んなで ⇒ 皆で


重物の世話 ⇒ 動物の・・


作くって ⇒ 作って


あげたら、きりがない。


長女は、あんなにペラペラ日本語を話すのに、


日記に、漢字はまったく出てこない。


使った漢字は、「今日」「日本」「母」「下」くらい。


さらに、てにおはが、めちゃくちゃ。


パパにジュースをかってくれました ⇒ パパが・・・


↑これは、しゃべるときもよく間違う言い方。


でんはをしてくれました ⇒ でんわを・・・


次女の日記は・・・、


かわいい。


「きょう、ちょこれいとがたべたくなりました。


なんでかというと


ちょこれいとがてれびにでてたからです。」


でも、カタカナがーー。


「きょう、


あしたがままかえてきてくるから
(⇒明日、ママが帰ってきてくれる)


すごいげんきになりました。」


日本語カタコトすぎる。


でも、3人分の2週間の日記を読み返すのは、とても楽しい。


もうすぐ夏休みなので、夏期集中コース!に向け、


今は、日本語の勉強をお休み中です。


でも、夏休みまであと10日もあるなー。


時差ボケも直ったし、そろそろ再開するかぁ。
子供俳句ひろばに投句
2015年09月18日 (金) | 編集 |
夏休み前、日本から遊びに来てくれたおばあちゃんに、


俳句を教えてもらった長女。


今までも、日本の国語の教科書には、随所、随所に、


俳句や短歌が出てくるので、


長男が勉強している横で、


長女のほうが五・七・五のリズムで、言葉を並べたりしていたのが、


今回本格的に季語を入れたり、いい句が出来たので、


どこかに応募してみよう思い見つけたのが、


子供俳句ひろば(←リンクあり)」というページ。


もう載ってるかなぁ、


まだかなぁ、


と1ヶ月待って、


やっと忘れたころに、


「ねぇ、ママ、もう載ってるんじゃない?」と言われて、


「あっ!忘れてたー」と、そのページを見てみたら、


一番初めに長女の句。


「じてんしゃにのるおんなのこなつやすみ


きりんさん」(「きりん」が俳句ネームです。)


2人でPCの画面に食い入って、「わーー、初めに載ってるよ~!


なんか、いっぱい書いてくれてるーー!」と批評もしっかり読み、


「一番だったーーー!」と盛り上がって喜んで、ご機嫌に。


批評の最後の

<<いつも見ているもののちいさな変化(へんか)にきづくことや、いつもとのちがいをみのがさないことは、俳句(はいく)をつくる上(うえ)でとてもたいせつなことです。このような観察眼(かんさつがん)を、これからますますそだてていってくださいね。>>

っていうところ、俳句だけでなく日々を過ごす上で、すごく大切なことだなぁ。


あとで、よーく他のページなんかも見てみたら、


特賞や優秀賞は、別の俳句で、長女のは、参加賞だったみたいだけど、


トップページの一番初めに載っていたから、


すっかり誤解してしまって。


でも本人には言わず、そのままで。


ちなみに、住まいや学年が(大阪))〔小2〕と掲載されているのが、


こんなの入力したっけ?と思い、応募フォームを見たら、


日本の都道府県の選択肢から選ぶようになっていて、


(海外)という選択肢がなかったので、深く考えずに選んでしまったみたいだけど、


次回は、欄外に「メキシコからの応募です」って入れようと思います。


さっそく母にも連絡したら、とても喜んでいました。


いいところは、伸ばしてあげたいなぁと思うけれど、


私にはまったくない、こういうセンス。


日本へ行ったら、またおばあちゃんと俳句を詠み合えるといいね。
続けていくこと
2015年05月25日 (月) | 編集 |
継続は力なりー!ってことだけを信じて、


相変わらず、細々と子供たちの日本語の勉強を続けています。


4月から、長女は日本の学年では2年生、長男は5年生。


長女は、今のところほぼ遅れなく、


1年生の漢字の読み書きと、教科書の音読、文章読解のドリルを続け、


4月下旬になって、やっと日本の2年生の教科書を頂けたので、


2年生の教科書を勉強し始めました。


よくしゃべるし、お話を作るのが大好き。でも、まだまだ語彙は少なくて、


丸つけをしていて、思わず丸をしてしまったけれど、「ふひ」って。
IMG_2496.jpg
「皮膚」なんて言葉は、普段私も使わないからなぁ・・・。


「皮」じゃなく「皮膚」。こういう固い言い方の語彙が、なかなか増えません。


長男は、去年の日本帰省で通った小学校の担任の先生から、


国語は2年生レベルと言われたので、無理に学年に合わせて進めるのではなく、


日本から戻って来てから、3年生の国語を勉強し直しました。


同じく、漢字、音読。


頼りはこれ。長男は、これの3年生版を4月に終えたところ。
kyo2.jpg
教科書の出版社別に、発行されていているので、


持っている教科書に沿って、漢字も読解も勉強できる。


同様な問題集で「教科書ドリル」もあって、今までどちらも使ったことがあるけれど、


教科書ワークのほうが問題にひねりがなくて、簡単。


高レベルな問題は求めていないので、


長女は2年生、長男は4年生の、教科書ワークを日本から取り寄せて、始めたところです。


算数は、同じく4月下旬に頂いたばかりの日本の教科書を使って勉強。


メキシコの学校で習っていることの復習になるので、教えこまなくても、


今日はここからここまで、3ページね!とか言えば、


分からないところだけを聞いてくる感じで、進めています。


算数は、長男も遅れなく5年生のものを。


ところで、今年6歳になる次女ですが、日本では年長さん。


「あいうえお」の練習は、もう飽きるほどやったので、


今やってるドリルが終ったら、字の練習は終わりにしようねってことで、


今日で終了~!


最後のできたねシールを貼り終え、「やったー!!!」と大喜びでした。


次に控えているのは、


くもんの小学ドリル「1年生の言葉と文のきまり」「は・を・へのつかいかた」。


3人とも、新しいものを開くときは、喜んでやるんだけどね・・・。


少しづつ難しくなっていくと、「えーこれ~、またやんのー」とか言い出すようになり、


何にしても、とにかく続けていくことが、大変。


明日からも、がんばろー。