最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

新メニュー

1月29日は、毎月末の金曜日の休み、


2月1日は、憲法記念日で、子供たちは四連休でした。


どこへ行くでもない4連休って長い・・・。


「春休みみたいだねー」と子どもたちも言うくらい長く感じたなぁ。


学校が休みの日は、玄関先のお店もパラパラとしか人が来ないので、


盛大にパンを焼くこともなく、ヒマ~。


少し前から考えていた新メニューでも試してみるかと、


ハンバーガー作り。
IMG_1448_20160203133740945.jpg
パンの高さも、あれこれ検討。


そういえば、話は飛んで、


「Que es esto? (ケ エス エスト:これ、なに?)」って聞かれないような、


<なにかすごく分かりやすいもの!>を売りたいなぁと思い、


1月中旬には新メニューで、ドーナツを試してみたんだけど、


真ん中に穴のあいたいわゆる普通のドーナツは、
IMG_1418b.jpg
はっきり言って売れなかった。


なのに、くり抜いた部分を揚げた、丸っこいドーナツは、
IMG_1417.jpg
日に日に、最初の日の2倍、3倍、4倍と、売れていき、


そのうち、ドーナツの型を抜くのではなく、最初から小さな丸ばかり作るようになり、


何やってるかわからなくなったので、今は休憩中。


きっと、うちに買い物に来る子供たちは、


他にはないモノって分かって、選んで買ってるんだと、


そのドーナツの売れ行きでよく分かった。


普通のドーナツは、


毎日、夕方5時から売り出すふもとの町のパン屋さんのカゴの中に、あるので、


まったく珍しくもなんともないってことね。


それは、甘いクッキーやマフィンやパイよりも、


ピザやハムパンやホットドッグのほうが断然売れるっていう傾向からも分かる。


甘いパンは、毎晩食べるもんなぁ。


話は戻ってハンバーガー。


少し前にパパが、「そういえば最近ハンバーガー作らないね」と言ったのがきっかけで、


そっかー、一番分かりやすいメニューを忘れていた!


と思って、作ろうと思い立ったもの。


前は、子供たちが時々はハンバーガーを食べたいと言うこともあって、


食べに行くには遠いから、ならば家で作ろう!と、


スーパーに行くことがあれば、出来合いのバンズと、


焼くだけの出来合いのパティを買っていたけれど、


メキシコの有名パンメーカーのパンは、あまりにも添加物が多すぎて、


全く買わなくなったので、ハンバーガーも作らなくなっていた。


今日は、ハンバーガー売り出し初日。


バンズの直径7~8cmのミニミニバーガー。
IMG_1456.jpg
作った分はしっかり売り切れ、


ピザと食い合いになるかなと思ったけれど、ピザも1切れを残したのみ。


なんと、その1切れ・・・店の台の上に残したままにしていたら、


犬が外から玄関に入ってきて、食べられてしまったー。


犬の放し飼い、やめてほしい・・・。
スポンサーサイト

top↑

まだまだ読めない

さぁ忙しくなるぞ!と、張り切った新学期初日の先週木曜日。


1時すぎの下校時刻に、待ち構えていたら、


パラパラっと、子供たちが寄る程度。


あらっ?


公園前に八百屋と肉屋が出る木曜日なので、人出はあるから、


最終的には、作ったパン類はピザ3枚を残しただけで、


なんとかはけたけど、


なんだか肩透かし。


この日は、1月6日の三賢者の日のお祝いのパンや、ゼリーやタマレスが学校でふるまわれたので、


買い食いに足が向かなかったのかな、


と、次の日の金曜日に期待。


でも、同じく、スカッっと肩透かし。


あんなに暖かい、暖かいと言っていたのに、週末からグンと寒くなってきたので、
IMG_1390.jpg
ホットカーペットも久々。ゴロゴロ。


寒いせいで、アイスも売れないのかな・・・、


と、週明けの月曜日は、かなり少なめの仕込み。


同じメニューばかりで、飽きたか?


レシピがいい加減すぎたかなー?


もう誰も買いに来てくれなかったらがっかりだなぁ・・・と、


月曜日は、かなりやる気を失いかけながら作ったので、


発酵を失敗して、全くふくらみの悪いハムパンやピザが出来上がり、


さらに気持ちが下がっていたところへ、


来たー!


これ、これ!っていう勢いが、月曜日に。


どうやら、新学期の初日、二日目が、木・金だったので、


学校を休んだ子が多かったみたいで、


週明けの月曜からが本登校(って、勝手に生徒と親が決めた、登校初日)。


まだまだ、読みが浅いことを知らされました。


そういえば、うちの甥っ子(中学生)と姪っ子(大学生)も、木・金は家にいたな。


「二日行くだけだし」っていう、そんなの理由になるか?っていう、


理由で勝手に休みにしてしまうメキシコ。


ルールを守ろう!とかっていうレベルじゃないよな・・・。


そうえいば、先日、


町へ買い物に行く途中、めずらしく、線路に汽車が停まってる!
IMG_1306.jpg
「わー!カッコいいね~。でも、こんなところで停まって、どうしたんだろ。」と話しながら、


この線路横には、おいしいタマレス屋さんがあるので、


私たちも線路横でタマレスの朝ごはん。


食べ始めたら、急にポーーーー!!!!っと汽笛が!!


「ママ!運転手さん、今ここにいたよ。


タマレス食べて、買って持って行った!!」と見ていた長男が。


「えーーーーー!!いいの~~??」って本気で驚いて絶叫している母に、


子供たちが驚いておりました。


線路に汽車停めたまま、運転手が買い食いしていいメキシコ。


すごいわ。

top↑

毎日、毎日

毎日のように、同じレシピで、同じように焼いているつもりが、


きれいに焼けた~♪って日もあれば、
IMG_0394_20151001121915e5e.jpg


全然、焼き色のつかない、白~いパンが焼けてから、


「あ!あれ、入れ忘れた…。」って日もあって。


単純な作業なのに、一瞬、ちょっとした考え事をしていただけで、


ケアレスミス。


毎日、毎日、同じことを続けるって、大変なことだー。
IMG_0412_20151001122140d09.jpg
このクルクル感さえ、毎日変わる。


だから、毎日、毎日、来てくれるお客さんは、すごく有難いことだー!と思う。


明日は、いつもの時間外にピザ5台。


誕生日パーティ用のご注文。しっかりやろう。

top↑

今だけ限定3色クッキー

日本で言うと、10円握りしめて買いに来る感じかな。


子供たちから「1ペソで買えるものない?」って聞かれることが多くて、


5円や10円で買える小さなアメやチョコなんかも置いているけれど、


これじゃ芸がない!と思って作り始めた手のひらサイズの型抜きクッキー。


いつもは、ベージュのクッキー色だけど、


今日から3日間は、限定の3色クッキー。
IMG_0408.jpg
こういう期間限定ものが好きなのは日本人だけじゃないハズ。


「あ!クッキーかわいい~。」


「3色だ~。」


期待した通りの反応をしてくれる女の子たち。


「見ろよー。独立記念日、祝ってるーー。」


「Viva Mexico(メキシコ万歳)~~!」


はしゃいでくれる男の子たち。


メキシコは、15日の夜から16日にかけて、独立記念日のお祝い行事が続くので、


パパは、独立記念日委員の一人に選任され、


明日は朝6時に、村の公園に国旗を立てに行くそうな。


同時に、盛大な国歌が流れて起こされるんだよなぁ・・・。


国旗、夜から立てておいたらダメなの?って思うのは、私一人。


その情熱、資金(個人負担)、せめて半分でも何か他のことに活用したらどうでしょう?って思うのも私一人。


でも、日本にはここまでない愛国心。


ちょっとうらやましかったりするのも確か。


なので、私もちょっと便乗して、


いつものクッキーを、メキシコの国旗カラーの3色に。

top↑

うれしい言葉

毎日少しづつだけど、


学校帰りの子供たちをターゲットに、


ピザやパンや焼き菓子などを作って、お店に並べる日々。


始めて半年たつけれど、今もコンスタントに売れ続けています。


夏休みの間、お店は開けていたけれど、パンは焼かずにいたので、


休み明けに、久しぶりにピザやパイを焼いて、子供たちがまた戻って来て、


あーうれしいなぁ・・・って。


子供たちと話し込むことはないけれど、


聞こえてくる言葉1つ1つに、喜びを感じる毎日。


ピザを手に店の外に出た途端、


「Mmmmmm~~!!!」


「Un bocado!Un bocado!!(ひとくち!ひとくち!)~!!」


って男の子たちが騒ぐ声は、


「おいしいから毎日買いたくなっちゃう」って直球で言ってくれた新一年生の女の子の言葉と同じくらい嬉しい。


昨日は、中学校に上がったばかりの女の子が、


「あーー!あった。よかった~!」と入ってきて、


「マフィン5つください。学校の友達にあげるの。」って。


小6だった時は、毎日、毎日買いに来ていた子。


中学校で新しく出来た友達に、


この店の話、したのかなぁ・・・とか、勝手に会話を想像して喜んでみたり。


夏休み前は買いに来たことがなかった、少年野球のチームの子たちも、


最近は毎日やってくる。


昨日は、「土曜日、行くの??」って。


野球の間は話しかけても来ないのに、


今週の土曜の野球で、私が青空売店をやるかどうかを気にしてるんだ、この子・・・


って思うと、


めっちゃ嬉しかったー。


先週は、土曜と日曜どちらも試合があったけど、


日曜は行かなかったからな・・・。


野球は、ホームで試合の日は、村の大人や子供もパラパラと観にくるから、


「いや~作り甲斐あるなー」って思うほどよく売れるんだけど、


アウェイの日は、チーム内の子だけだから、売り上げは大したことなくて、


ガソリン代が出るか出ないか・・・なのでね。


アウェイに行くのはやめようよとパパから言われていて考え中。


ちなみに家では、毎日、1時から3時の営業時間中、


アイス平均15カップ、


パンや焼き菓子合わせて、平均20個。


あとは、駄菓子が5~10個売れて、


数にすると大したことないけれど、


1学年10人ちょっとの小さな小学校、全校生徒60~70人かな。


そう思うとよく売れてる。


何より、毎日張り合いがあるのが、嬉しい。

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。