最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

お祭りで久々の平穏

3月も4月も、忙しすぎて月に2回づつしか更新できなかったブログ。


3月はピザの大口注文が多く、


4月は3週末もパーティー用のハンバーガーを用意したので、


週末に1日でも休みの日があると、


心の底から「休みの日って、なんてありがたいんだ~~」


と本気で感じる忙しさだった。
IMG_1864_20160508055350e6d.jpg
              ↑ハンバーガー

自分の作ったものが、メキシコのパーティの一部になっているのは、嬉しいけれど、


乳幼児育児をしていたころの、


子供たちと一緒の時間にコテンと寝てしまいたくなる疲れ加減。


でも今週は、木曜日から村のお祭りなので、学校は4日間お休みで、


久しぶりに、何日か続けてパンを焼かない平穏な日々。


あー静かだ~。


ところで、年に一度の村のお祭り。
IMG_1880.jpg
まずは、教会前に朝一番で、マリアッチを聞きにいくのが恒例。


去年は、義弟がお祭りの実行委員の1人だった関係で、


私も特務を与えられたけれど、


今年は、特別なこともなく、


メニューは肉料理に決まったようなので、私の仕事は、サルサ(ソース)や、
IMG_1889_201605080553528f8.jpgぶー。


サイドのものをチョコチョコと用意する程度。


プラスチックのお皿ばかりじゃ味気ないから、塩入れで自分色を出してみたり、
IMG_1878.jpg


8年目ともなると、勝手もすべてわかるし、


呼ぶお客さんも、8割がた顔見知り。


メキシコのパーティの、当日まで出席か欠席か、


何時にくるのか、来ないのか、何だか分からない自由な感じにも、


来てくれたら、来てくれたで、「わー!!来た来た!!」と喜べるようになって


面白いもの。


これだけ家族が多くても、


主催はパパで、財布もすべてパパもちなので、


私は大きな顔をしていればいいのだと、開き直れたのも、


8年目。


学校帰りに毎日来てくれる兄妹とそのご両親も食事に来てくれて、
IMG_1892_20160508060334e70.jpg
フルーツカゴの差し入れ。嬉しいね~。


赤ちゃんだったのにねーと
IMG_1926_20160508061352d4e.jpg
毎年、元気に大きくなっているのを感じられる、節目の行事。

top↑

祭りが終わり・・・

ふぅ。忙しい週末だった。


先週末は、年に一度のふもとの町のお祭り。
IMG_1578.jpg
木曜日、金曜日はお祭り関連で、出かけたり、食事に呼ばれたり。


土日は、パパが葬式費用を負担しているお宅の三回忌。


さらに日曜の晩は、誕生日パーティ会場で150個のハンバーガー作り。


三月はメキシコ生活の節目の月。もうすぐ丸七年が過ぎ、八年目に入ります。

-----------------------------------------------------------------
木曜日、お祭り前夜は、ここの村からふもとの町まで、キリストの肖像を持って、


歌ったり、何やら唱えたりしながら、教会まで歩いて行くのが恒例で、


節目の時期にあるお祭りなので、


年に一度は、こういう宗教的な行事にも参加しようと心がけているんだけれど、


数日前から、ヒドイ雨と風。


三月にあんなに雨が降るって、大丈夫なのかね。


お祭りの行事もほとんどキャンセルになるんじゃ?というほどの荒天候。


長女が病み上がりだったので、行かないというし、


びゅーびゅー強風が吹く中、私も無理に寒い思いをしてまで、歩くこともないかと


八回目の今年は、家でゴロゴロ。


というのも、午後から停電で、真ーーーっ暗だし、寒いし、


長女と布団にもぐりこみ。そのうち長女は寝てしまい、


一人で、花火の音を聞いていました。


一緒に寝てしまえたらいいんだけど、


花火の音で、教会のミサが終ったことが分かるので、音を聞き分け、


そろそろという頃合いに、私は徒歩組の家族を車でお迎えに行く係り。


寝るわけにはいかないのです。


金曜日は、親戚やら、パパの仕事がらみや、玄関先のお店に来てくれるお客さんやら、


あちこちから、祭りのメインの日に、ご飯を食べに来いとお誘いを受けるけれど、


一食だけでも胃に重たい料理ばかりなので、ハシゴすることは不可能で、


どこか一軒を選ぶしかなく。


ことあるごとに誘いを受ける、パパの仕事がらみの家へご飯を食べに。
IMG_1569.jpg
プエブラのモレ。お代わり二回。おいしくて食べすぎたー。


まったくパーティ好きな一家だな、めんどくさ・・・と思っていた彼らとも、


少しは話の輪に入れてもらえるようになっていて、七年ってすごい年月だなぁ。
IMG_1579.jpg
次女はまだ、乗り物に1つ乗りたがったけど、


上の二人は、「いい」って。


安っぽいすぐ壊れるおもちゃは三人とも何も買いたがらず。


八回目にして、やっと。やっと分かってくれたかー。


帰りは、車を停めさせてもらっていた家のパパの伯母さんから、


「他でご飯を食べて来て、うちでは食べないのね~」と、たっぷり嫌味を言われながら、


「また今度ね~」とさらっとかわしつつ。


翌日は、パパは三回忌の準備で花やロウソクや紙ふぶきやら、ナンダカンダの買い出しで忙しく、


さらに夜の個人を偲んでの会は、帰って来たのが夜中の12時前。


でも、やっと明日でお役目が終わるとホッとしていました。


私は、その日、150個のハンバーガー用パンをコロコロ丸めて、発酵させて、焼いて


肉もコネコネ、会場で焼きやすいように準備して、肩こったー。
IMG_1586a.jpg
ミニ・バンズ150個!重い~。


玄関先の店も、アイスやピザを売り始めてから1年。


とうとう玄関を飛び出して、パーティ会場へ仕出しするまでになりました。


日曜の朝は、私も三回忌のお墓へ同行。


パパは、楽団を連れてくるためにトラックで出かけ、


私は車で子供たちと、お宅へ直接向かい、とうとうふもとの町を出て、


初めて20分ほど離れた町まで一人で運転。見慣れた風景なので、


怖い怖いと思っていた道も実際運転してみたら、なんてことなくて、


そんなこんなのいろいろな出来事から、しみじみとだいぶ長く暮らしているんだなぁと感じた週末でした。


大きくなったなぁ。
IMG_1576.jpg

top↑

祭りのイベント草野球

子育てに余裕が出ると、こんなにも気持ちも変わるものかと、


自分でもびっくりするけれど、


夜中の1時、2時までのダンス・イベントの爆音も、


朝一番(午前5時・6時くらいか?)の花火の音にも、


「頼むから寝かせてくれー」とも、「起こすなよぉーまったく」とか、イライラすることもなく、


あー今年も村の祭りが始まったねぇ・・・なんて。


今年は、祭り初日と二日目の木・金曜日は、


小学校はお休みだったのもあって、みんなで夜更かしして、


夜の9時過ぎに、家の目の前に来ている移動遊園地の乗り物に乗ったり、


5人そろって朝ゆっくり起きても、支障がなかったのも良かったな。


祭り二日目の金曜日、一番楽しみだったイベントが草野球。


朝は、ゆっくり起きて、前日のお祭り料理の残りを、


大家族みんなで、適当に温めたりしながら、庭でワイワイ食べて、


さてそろそろ行きますか・・・って言われていた時間も随分過ぎて、出かけて行って、


ふもとの町のチームと対抗戦。


先日の小学校の選抜野球チームが、パパのイトコが監督のちゃんとしたチームになって、
IMG_2407.jpg
ユニフォームも上着だけだけど、お揃いに。


すごく強いチームなんだよーって言うから、どうせ負けるでしょ~と思っていたら、


21対7の大勝。


試合の前に・・・、ふもとの町に野球チームがあったことが、まず驚き。


今まで遠くの町へ、長男を入れてくれる野球チームがないか知り合いに聞きに行ったりしていたパパ。


あれ、何だったんでしょ?


なんか、そういう不思議が時々ある。


まぁ、それはいいとして、


野球観戦大好きーー!!
IMG_2414.jpg
子供の草野球だからね、ボコボコ点数が入るし、ホント面白い。長男のこんな姿も嬉しいなー。


ビールとポテトチップス持って、小学校の裏にあるお義父さんの畑(今は空地)へ。


まぁまぁきれいに整備されていて、ちゃんと野球ができるようになってた。
IMG_2406.jpg
子供たちの目がみんな真っ赤で、みんな寝不足ーってのが、笑えたけど。


ちゃんと打順ごとに名前も呼び出され、司会進行のマイクを持ったおじさんもいて、


まるでテレビの野球中継を観ているみたいな感じ。


その人スコアも付けていて、びっくりした。


勝利したからか、後日、リーグに入れてもらえる話が舞い込んできたらしく、


今週末は、いきなりリーグ戦。


またまた楽しみが増えました。

top↑

今日のモレ・ポブラノは絶品だった

プエブラ州の名物料理、モレ・ポブラノ。


お祭りやお祝いごとの時によく食べられる料理。


市内の観光地でも、それを売り物にしたレストランなどがあるけれど、


ホントにホントにおいしいのは、村のおばちゃん達が作るモレ。


これ↓去年もこの時期に書いたんだけど、


たまに、観光などでプエブラに来られた方が、


おいしいと聞いていたはずのモレは大したことなかったー、


とか書いている旅行記などを読むと、残念だなぁ、と心底思う。


うちに食べに来てほしい・・・って。


観光レストランのシャバシャバなモレと違ってホントすっごくおいしいからっ!


そうそう。先週は年に一度の村のお祭りでした。


今日で、作ってから5日目のモレは、最高においしく絶品。


カレーと同じで、日々味がまとまって深みが出てくる料理。


日本での日々のことも書きたいけれど、忘れないうちに先週のお祭りのことを先に。


例年と比べ、少しだけイベントものが豪華になって、


闘鶏やロデオ、野球の親善試合や、競馬なんかの予定があると聞いて、


200mくらいの直線コースを走りきるメキシコの競馬を、見に行きたいと思っていたのに。


まさかの、馬、捻挫でキャンセル。


お~い!


代わりの馬の用意とか、ないの??


コース予定地は、小学校の下のお義父さんの畑。一直線のコースがむなしく残っていました。


がっかり。


そして、もう1つ、特筆すべきことは、


お義母さんの体調不良。


祭り2~3日前から、太ももの激痛で立っても座ってもいられず、


祭り前日に近くの町で診てもらうも、精密検査をしないと原因が分かりませんと言われ、


祭り当日の早朝から、市内まで検査に。


結果、坐骨神経痛だと思われ、


お祭りの料理の準備などまったく手につかず。


お義姉さんと私と二人で、買い物から仕込みまで。


っていても、完全に私はアシスタント。


でも去年、しっかり習っておいてホントよかったー。


復習しながら、今年は、自分の手で下ごしらえ。


何なら、来年は自分で全部できるかもっていうくらいまで、しっかり習得しました。


去年も熱くモレへの想いを語ったけれど、メキシコに来て一番習いたかった料理。


自分のものになりつつあって、嬉しい!


お義母さんの体調も少し良くなっているようなのでホッと安心です。


忙しすぎて、カメラはまったく携帯せず。一枚も写真を撮らなかった今年のお祭りでした。


家のまん前に出る移動遊園地の騒音も気にならずによく寝たー。


モレとは何ぞや?という方は、去年の日記をどうぞ。
モレ日記~材料編
モレ日記~下ごしらえ編
モレ日記~出来上がり編

top↑

お祭りの屋台~最終日編

お祭り3日目の夜。
IMG_4494.jpg
屋台でトルタを作る渋いおじいさん。


前日は、「また明日行こうね~!」なんて言いながら帰ったのに、


一日中寒くて、重い腰が上がらず、出掛ける準備もしないまま夜に。


でも、やっぱりTaco(タコス)が食べたくてたまらなくなってきたので、夜8時ごろ出発。
IMG_4516.jpg IMG_4510.jpg
乗り物に1人1つだけ乗って、タコスを食べていたら、花火の音。


前日は、雨で花火が中止で見られなかったから、ちょうどいいタイミング。
IMG_4531.jpg
出遅れたので、人垣の後ろから。


VIVA PADRE JESUS!
IMG_4522.jpg IMG_4525.jpg


また来年!
IMG_4540.jpg


出掛けたタイミングもぴったり。楽しい3日間でした。


ちなみにお祭りの屋台で一番高かったもの。
IMG_4490.jpg
リンゴの実の付いたリンゴの苗。1,300ペソ(一万円以上)。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。いつも応援ありがとうございます。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑