最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

和風ピーナツ

Cacahuate Japones(カカウアテ・ハポネス:日本のピーナツ)という名のこのお菓子。
wahupeanut.jpg

最初は、「またぁ~、『日本の』なんて名前つけて、テキト~な味なんじゃないの?」と思っていたら、結構いける。それに、いろんなメーカーから同じような製品がでていて、メキシコでも人気のおやつ。

確か、日本にもこれっぽいおかきがあったよなぁ、とずっと思っていたら、先日日本から送られてきた荷物の中に入っていました。
wahupea2.jpg
左が、メキシコの和風ピーナツ。右側が日本のピーナツ入りおかき。

日本の方が、のりがついていたり、わさび味があったり、ピンクのがあったり凝ってますが、味は負けず劣らず。メキシコの方がかなり堅いけど。


このメキシコの和風ピーナツのパッケージ、日本語でもスペイン語でも何の意味もないKiyaskisという商品名(?)が嘘っぽさを強調していますが、そんなことを思うのは日本人くらいのもの。「Kiyakis」って日本人の名前でしょ?と自信ありげに、パパも、それにその弟くんも言ってました。

味!という一文字も意味不明~。これは日本語、じゃないの??とだんだん自信なさげになってきたパパ。おいしい!と言いたくて、「味」なのか、それとも「キヤキス味」なのか。

そして、最後に一番小さな文字で、El Cacahuate MUY japones(とっても和風なピーナッツ)。ちゃんと醤油を使って味付けしているし、なんだかなつかしい味。たしかにこれは共感できる。

1個5ペソ。ちなみに今日の為替は1ペソ=6.65円

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 応援よろしくお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑