最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

カウボーイ

家には今、2番目のお義兄さんの買う牛がいて、数カ月に1回、売り買いをする。大きくなった牛を売ったら、またすぐに中くらいの牛を買ってきて、育てる。


牛を買ってくるとすぐに、ビタミン剤や予防接種やもろもろの注射をし、つのを切る、という作業がある。


逃げる牛の頭か角にロープをかける。まさにカウボーイ。
ushi2.jpg


隅っこに集まり、頭を下げてつかまらないように、逃げ惑う。
ushi5.jpg


牛も馬鹿じゃないので、柱にロープをひっかけて、テコでも動かない。
ushi4.jpg


後ろ足でけられたら大変なこと。急に突進してくることもある。前からロープで引っ張り、後ろから、いつでも逃げられる体勢で、棒でつついて、動かす。
ushi3.jpg


男性陣総出で押さえにかかる。前に3人、後ろに1人、予備人員1人。
ushi1.jpg


つのを切ると、血が飛び散り、数分間噴水のように血が湧き出る。つのに、血が通っているのは初めて知った。痛いだろうな。意外なのは、こんな大きな体で、注射を痛がること。体の大きさと、痛さを感じる加減は関係がないらしい。


今は、5,6頭しかいないので、そんなに大した仕事ではないけれど、私たちがアメリカにいたころは、最大64頭の牛をここで飼ってもらっていた。大変な作業だっただろうと思う。家族の仕事を手伝うのは、当たり前で、だれも嫌がる様子も、文句を言うこともない。むしろ皆で集まって何かをすることを楽しんでいる?


1頭つかまえるたびに「見たか~いまの。」 尻尾を持って、牛の体を倒すたびに「つえ~な、父さん。」 注射を打つたびに「やってやったぜ。」 なんだかいろいろ言いながら。


なんか楽しそ。


今日もご訪問ありがとうございます。ランキング参加中。
↓クリックしてもらえると順位があがります。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ   

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑