最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

迷う、テレビの取材

昨日もまた、テレビ局の制作会社さんからメール。


今年に入って、3つめの取材依頼。


1つめの依頼は、何度かのメールのやり取りで


「世界の秘境に嫁いだ日本人妻」というテーマと知り、申し訳ないけれど、お断りした。


「秘境と呼べるにふさわしい土地にお住まいで・・・」って、何を見てそんな?


確かに私の住んでいる村は大田舎ではあるけれど、「秘境」は言い過ぎ。


それに、秘境(じゃない!)にどっぷり浸かって生活しているならまだしも、


どこか、足先だけつけてお湯の温度を確かめているような状態で暮らしているので、


ストーリー作りに無理があるだろうから。


前回の「世界の果て」の時も、「果て」感が出ずにディレクターさんが大変そうだったので、


きっとこの取材を受けても、やらせ部分が多くなってしまうだろう。


そして、2つ目の依頼は「海外の大家族に嫁いだ日本人」


というテーマだったので、私も興味を持って具体的な話に進みかけた時、パパが


「で、いくらもらえるの?」って。


私はすごく楽しんだ前回のテレビの撮影、


パパには大きな負担だったみたい。


村の中の案内や村の人への撮影協力、大家族内のやりとり、学校の先生へのお願い、などなど、


どうしても依頼ごとはパパが仲介になる。


撮影する側はきっと、日本に戻って番組作りの段階になってから、どんな内容になってもいいように、


いろんなストーリーで、たくさんのパターンで撮る。


「撮影したもののうち、使うのはほんの一握りだからがっかりしないでね」って言われてたけど、


確かに出来あがってみたら、あれも、これも、あのシーンも使われてない。


パパは、「ガンバリに対して、あの程度の報酬で、この内容?」っていう気分だったんだろうな。


「前回程度の報酬なら受けたくないけど、でも楽しみなら、来てもらえば?」ってパパが言うから、先に質問してみた。


前回のことなどもお伝えしながら、ちなみに報酬はいくらぐらいですかと丁重にメールをしたら、その後音信不通に・・・。


失礼きわまりないっ!


あれ?こっちが失礼だったのかな、と思ったけど、そんなことないよね。


そしてまた別の番組から、今年3度目の依頼。


まだ返信もしてないけれど、最初から断ったほうがいいか、どうするべきか…迷ってます。


ぽちっと。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ参加しています。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

ひゃーすごいね!最近、東京でひとり(+乳児)暮らしで、本当に7時~とかテレビよくみるんだけど、海外にいる日本人を特集したテレビ番組すごいんだわ。同じ日に3本違う局でやっててさー。興味津津でいつも見てるんだ。「作りこみ感」はすごいあるんだけどね笑。 いろんな媒体でhirokoさんのメキシコ生活が日本で見られたら本当に嬉しいんだけど、受ける方は大変だもんね。  あと、日本で頑張る外国人父ちゃんみたいな番組も多いよー。うちはもっとキャラ濃くしないとオファーないだろうなぁ。。。

代替画像

いま、不景気もあって、安く番組を作るにはきっとこの手のテーマが一番制作費が安く済むからだとおもうんです。
現地のアテンダントから通訳から宿泊先からすべて出演者にお任せなんでしょうか?(想像)今の時代、テレビに出れる事がスゴイとかいう感覚はなくなってきていると思います。
あと、制作サイドの方々も常識から外れたようなことしたりしませんか?
去年年末に細かいアンケートをお願いされ、同じくそれをメキシコ在住の知人にもお願いしたのに、その後は、採用通知とか、どうなったかとかまったく音信不通になり、担当してくださった方にお願いして、その後の結果を教えてもらったほどです。そして、先日その同じ番組担当者さまから再度うちにもメールが来てたのですが、なんだか制作サイドもバラバラな印象を受けますね。
全てを知っている訳ではありませんが、初めての就職先がテレビ番組制作の技術職だったんで、そのあたりの雰囲気なんとなくわかります。
ひろこさんのした事は、特別失礼ではないと思いますよ。

代替画像

Re: タイトルなし

より太ママさん、こんにちは。
うちにこれだけオファーが来るぐらいだから、やっぱりそういう番組多いんだね。
私は言われた通りに動くだけだし、日本人の取材班の人たちと話してすっごく楽しかったけど、旦那は違ったみたい。家族間にしても、いろんな人間関係とかあるなかで調整するのってやっぱりタイヘンだよね。
より太パパ、キャラ十分だよー!そのうちオファーあるかもよ。

代替画像

Re: タイトルなし

さるさん、こんにちは。
確かに、前回も製作費が全然なくて申し訳ないんですが…って、協力費をいただいたんだけど、やっぱりお金かけられない時代なんですね…。それでおもしろく番組作ろうとするとイロイロ大変なんでしょうね。
さすがに通訳や宿泊先の手配は、メキシコシティから日本人の方が来てくれたんですが、「これを撮りたい」と言われたら、そこまで連れていくのは旦那だし、「こんな出演者がほしい」と言われたら村人にお願いに行くのは旦那なので、大変だったんだと思います。
制作の会社も二重三重になっててややこしいですね。撮影対象を探す会社、撮影をする会社、ストーリーを仕上げるところと、それぞれにあって、話が通じてなかったり…って私も経験しました。
それにしてもさるさんの協力されたアンケートの話も、失礼な話ですよね。仕事なのに、最後音信不通になるって…。

代替画像

最近見た番組で『世界の日本人妻は見た!』ってのがあるんだけど、秘境とかじゃなくて、日常の日本とは違う習慣を
海外に住んでる日本人の生活を通して紹介するみたいなバラエティ番組がなかなか面白かったなぁ。ニューヨークは家に洗濯機なくてコインランドリーまで行かないといけなくて大変とかホントなの??

代替画像

Re: タイトルなし

まあ、元気?
そういう観点の番組、おもしろそうだねー。
ニューヨークでコインランドリーって、そうだねー。当たり前になってた・・・。日本ではどんな小さなアパートでも家の中に洗濯機を置くスペースがあるよね…。

代替画像

はじめまして。時々ブログ拝見させて頂いてます。

私も日本人が珍しい環境で暮らしている事から同じようなオファーを頂く事があるんですが、TVに関しては全てお断りしています。
私も過去に日本のマスコミの取材に通訳やコーディネートの立場として関わった事があるのですが、取材対象者の方に申し訳ないと思う程、局の関係者から色んな要求が飛んでくるし、苦労して対象となる人や場所を探してもらったからといって全て撮影したものを使うわけでもないし・・旦那様も本当に大変だったと思います。しかも取材チームが何かそそうをした(取材を受けてくれた人に対して気分を害するようなことをした)時に苦情を受けるのも旦那様でしょうし。間に入る人は本当に大変です。

恐らく取材を受けた人が一番話したかったんだろうな、と思われるシーンが後日バッサリとカットされて放送されてるのを見てると、きっと自分が取材対象になった時にもこちらが言いたい事よりTV局的に面白いところだけ放送で使われてるだけなんだろうな、と。

現地で日本&日本人向け商売とかやっている人には宣伝という意味もあるのかもしれないですが・・お金を提示されても全部お断りします。

日本から出演オファーが来てもやもやした気分になっている方が他にもいるんだなーと思いコメントさせていただきました。長文ですいません。

代替画像

Re: タイトルなし

ありさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
ありさんは取材される側の気持ちも、取材をするほうの立場もご存じなんですね。撮影にかかわるすべてのことを考え合わせると受けない方がいいのかなと感じるんですが、前回とても楽しい撮影の期間をすごさせてもらえたので、私としては来ていただきたいなと思う部分もあって、悩んでしまうところです。旦那にあんまり間に入らないように、コーディネーターの方にすべてを任せるような感じにしたらどうかなぁとも考えたんですが、田舎の人間関係って、そこの人にしかわからない見えない部分があるので、ややこしいことになっても困るし…。考え出したらきりがないので、いっそ、ありさんのようにTVはすべて断ると決めておくほうがいいのかもしれませんね。

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

代替画像

Re: No title

鍵コメはじめまして!さん
同系の番組が、今日本にはとても多いですもんね。手当たり次第、連絡取ってみている感じが、ありありとします。
すっきりしてよかったですね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。