最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

いまだ驚きの連続、幼稚園の行事

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村

4月30日はメキシコの子供の日。


幼稚園も小学校も授業はナシで、子供の日の行事。


幼稚園の行事に参加してみて、5年目でもいまだに驚きの連続な、メキシコ。


子供の日の行事に、親がダンスを披露するとはー!
IMG_5671.jpg
親が5つのグループに分かれて、料理班とゲーム班が1つづつ。出し物班が3つ。


子供をよろこばせたい!という気持ちなのか、親が楽しんじゃってるのか、
IMG_5666.jpg
メキシコの人気アニメEl Chavo del Ochoのパロディ。


今日は、子供がお客さん。ずーっと座って見てるだけ。
IMG_5696.jpg
Caperucita Roja(カペルシタ・ロハ:赤ずきんちゃん)の人形劇に釘づけ。


幼稚園の行事で、ゲームは希望者だけが参加するってのも、日本ではないよなぁ。
IMG_5701.jpg
どのゲームも、「出たい人は来てくださーい」っていうスタンス。


出る子はずっと出るし、出たいと思わない子はずっと見てる。


それでよし。


毎年村長さんから配られる、プラスチックの料理セット。
IMG_5728.jpg
それでも飽きずに大喜びで遊ぶ子供たち。


食事の後の、ゴミも相変わらず


「あそこのゴミ箱に捨てておいで」って、ちゃんと子供に言ってる親もいるし、ほったからしの親も半々くらい。


先生から「ごみはゴミ箱にきちんと捨てましょう」なんて一言はなし。


風で飛んでくるゴミを拾ったら「後でいいよ」とパパ。


どうやらゴミ捨ては、後片付けをする委員の仕事で、ここはしつけの場ではないらしい。


最後には先生から、おやつの袋が配られて、今日もまた砂糖漬け。


ごはんなんて全然食べませーん。


そんなメキシコの子供の日。


ぽちっと応援。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

HIROKOさんこんばんは(^^)
メキシコの子供の日でしたね、我が家は何もやらなかったけど、親戚はケーキを食べたりと、かる~くお祝いしたみたいです♪
ゴミ、気になりますねえ。。たとえゴミを片付ける仕事の人がいても、なんとなく拾いたくなりますね(><)特に子供の前では。。

代替画像

Re: タイトルなし

さゆ吉さん、こんばんは。
さゆ吉さんの親戚のおうちでは、お祝いするんですね。メキシコに来るまでは、この日が子どもの日って知らなかったけれど、結構盛大に祝いますね。この日はお菓子やプレゼントをもらってホクホク顔な子供たち。すごく嬉しそうなのでこちらも楽しい気分になるけれど・・・でも・・・ゴミのことだけは、すっごく気になります。