メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
モレ日記~出来上がり編
2013年05月14日 (火) | 編集 |
ペースト状になったモレの材料を家に持って帰ってきたら、一段落。


その後、焚き木の準備や、子供のお風呂になりそうなくらいの大なべの準備、などをして、


最後の仕上げへかかります。


その頃にはもう夜。
IMG_6003.jpg
陶器でできた大なべをたき火にかけます。


油とラードを熱したら、まず砂糖を2kgジュワーッと。


カラメル色になったら、その後、先ほどグラインダーにかけたペースト上の材料を入れます。


バケツに残った材料は、水と手でこそげて、鍋の中へ。


ここからが大仕事。
IMG_6011.jpg
2、3時間かけて、全体に火を通していきます。


焦げないように、ずーーーっと交代でかき混ぜ続け、
IMG_6034.jpg
最後に、チョコレートを加え、塩で味を整えて、終わった時には、服も髪も、強烈な炭のにおい。


そして、翌日は背中が筋肉痛です。


火が通ったら、フタをしてその場(屋外)に次の日(お祭り当日)まで放置。


当日の朝に、最後の最後の仕上げです。


お祭り当日の仕事は、朝から鶏肉200人分を茹でることから。
IMG_6064.jpg


昨日の鍋の中のペーストに、茹でた鶏肉から出たチキンスープを加えてのばしたら、モレの完成です!
IMG_6237.jpg
茹でた鶏肉にモレをかけて、いりゴマをふっていただきます。


お疲れ様でした~!


さて、今年の村のお祭りは1日だけ楽しんで、次の日からはこのモレをお土産にお出かけ~!向かった先は…。


ぽちっと応援おねがいします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村


こちらもぜひ!

人気ブログランキングへ
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
おいしそうですね。たくさんの家族がいて、助け合ってつくって、みんなでおいしいおいしいと食べてくれて、初めて存在する料理のように思われます。
家族形態が変わってしまって核家族になったりすれば、レストランでしか食べられなくなってしまいそうですね。
陶器のお鍋も素敵でした♪
2013/05/14(Tue) 19:01 | URL  | 春 #6Ag/FmRk[ 編集]
モレの作り方、楽しく拝読しました。モチロン食べた事は有るけど、ここまで手間暇がかかるとは知りませんでした。「最近は家で作ることが少なくなった」と聞いていたけど、この行程を知るとそれも納得。各家庭それぞれの味が有って、究極の「おふくろの味」なのだろうなぁ。
2013/05/14(Tue) 23:00 | URL  | kp #-[ 編集]
こんにちは!
久しぶりにコメントします〜
モレ大好きです! 家庭で作るとそんなに手間がかかるんですね...だから味もピン詰めモレとは全然違う味でしょうね..
作り方の行程の記事参考になります。

私モレをカレーにいれたり、野菜の炒め物の隠し味にしたり、おかずが無い時にそのままご飯にかけて食べたり(私一人の時に)する位好きです☆
2013/05/15(Wed) 01:25 | URL  | カフェタクバ #Asvb7otk[ 編集]
Re: タイトルなし
春さん、こんにちは。
確かに、大量に作ってナンボな料理な気がします。同じ材料で少量を家の鍋で作っても同じものはできないだろうと思いますね。炭火や陶器の鍋から出る遠赤外線もかなりいい仕事をしているだろうし。
知ったからって作るわけではないけれど、ずっと習いたかった料理だったので、とても嬉しかったです。また来年が楽しみです。
2013/05/15(Wed) 06:15 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Kpさん、こんにちは。
まさに究極の!ですね。ほかでどんなモレを食べても、旦那は、「お義母さんのモレよりおいしい」とは言いません。この手間暇、確かに大変だけど、どんどん作る人がいなくなるのは残念な気がしますね。
2013/05/15(Wed) 06:17 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
カフェタクバさん、こんにちは。
モレ、おいしいですよねー!瓶詰のモレはどんな材料だったか、最近買ってないので忘れてしまいましたが、それでも結構いろいろ入ってた気がします。でもやっぱり、家庭でこれだけ手間暇かけて、陶器の鍋に炭火で旨みもUPするから、本当においしいものができるんでしょうね。
モレをカレーに入れたらおいしいでしょうね~!冷凍庫にペーストの状態で保管しているので、カフェタクバさんのように隠し味的にも使ってみたいです。
2013/05/15(Wed) 06:21 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック