メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
旅のグチを1つ
2013年05月18日 (土) | 編集 |
私たち家族5人がお友達家族の家へ泊まりに行く、水入らずで楽しむはずの旅行。


出発前日の夜、16歳の姪っ子が一緒に行くことを知りました。


そのいきさつをココに書くとあまりにも長くなるのでやめておきますが、


普段仲良くしているわけでもない、おばさんの友達の家に、


ちょっと遊びに行くならまだしも3泊もしに行くのに、


前日に、行く!って言いだすって…私の中ではやっぱりありえない。


自分たちはいいとしても、泊まりに行く相手に知らせることもなく?


ありえん!


前日は村のお祭りで夜も遅かったので、もしかして早朝出発のこの日、起きてこないかも…


なんて思ったのは私の希望的観測で、


朝、車に荷物を乗せに出たら、準備万端で待っていました。


せっかくの楽しい旅行、イライラするのもイヤだから、最初から一緒にいくんだったってことにしよう、そうだ、そう思い込もう!として出発。


パパからは少し前に、「もしかしたら姪っ子が行きたいっていうかもしれないけど、どう??いやだ?」


って聞かれていたので、まったく突然のことではなかったにせよ、


一度は「行かない」って返事を聞いていたはずなのに、


前夜に「携帯貸して」って言いに行ったパパと姪っ子の会話が遠くから聞こえてきて「えー!やっぱり行くのー!」って。


姪っ子がいれば、子供たちの相手をしてもらえるし、


姪っ子がジェットコースターに乗りたいと言ったおかげで、私も何年振りかにコースターで絶叫させてもらえたし、


あと・・・なんだろ。


あ、パパにとっては旅費を抑えられた(姪っ子の親から援助があったから)とか、


来てくれたからよかったってことを考えようと思うケド、


やっぱり、お友達家族にも気をつかわせて悪いな…っていうのがあるよね、普通。


なんというか、メキシコの大家族のルールにいまだに慣れない自分。


こうやって書いていると、なんだか自分が意地悪な人みたいな気もするし、


こんな風に感じるのは私の感覚がおかしいのか?と思ったりもするけど、


溜めるのは不健康なので、ここで吐き出させてもらいます。


読んで気分を悪くされた方がいたら、ごめんなさい。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

こちらもぽちっと。

海外での育児 ブログランキングへ
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
わかります、わかりすぎますよHIROKOさん!!
意地悪でそう思っているわけじゃないんですよね、ただ本当に感覚的に、どうしても理解できないい部分がありますよね。
きっと向こうにしてみれば、私たち日本人の事のほうが「難しい」とか「変わっている」と思われているのだろうけど、、。

ブログで吐き出しちゃってくださいね(^^)♪
私も、日本語で愚痴るとかなりスッキリします~♪笑
2013/05/18(Sat) 15:09 | URL  | さゆ吉 #d/CpiV46[ 編集]
私は、たかが半年ばかりメキシコにいただけだけど
ヒロコさんの気持ちが分かります
ちょっと家族ぐるみの範囲が、どこまでなのかよく分からん…

ほんと、日本人が「変わってる」とか「冷たい」とか思われちゃうのかも知れないけど、親しき仲にも礼儀あり
って、言葉を建前に、ある程度の距離は欲しいんですよね

ヒロコさん、安心してください。
ここには、ヒロコさんの混沌たる気持ちが
分かる人がいますよぉ!
2013/05/18(Sat) 19:18 | URL  | ちはる #kyUT9aug[ 編集]
Re: タイトルなし
さゆ吉さん、こんにちは。
朝からいやーな気分で出発して、「なんでこの人一緒に来てるんだろう…」って。(絶対言わないケド)ここで「何でくるの?」とか聞いたら、私イジワルなヤツなんだろうなーって思いますよね。
まぁこういう体験を何度も何度もして、そのうち急に誰かがついて来ても、あ、またねって思えるようになるんだろうなー、慣れ慣れ!って言い聞かせていました。
家に帰ってきて考えていたらまた腹がたってきて、でも話す相手もいないので(これ家族に話したらそれこそ大イジワルな奴レッテルを貼られてしまいますねー)、ここで吐き出させてもらいました。わかります!って言ってもらえてすっきり~!ありがとう!
2013/05/19(Sun) 03:05 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ちはるさん、こんにちはー。
いやー、ここはわかってくれる人に関西弁でまくしたてたいところですねー。半年いただけでも十分このちょっとした感覚の違いって感じますよね・・・。分かってくれてうれしいです。
もともと誘ったのはこっちだけど、声をかけなければかけないで、聞いてないし…みたいになるし。誘われたから来たっていう言い分なんだろうけど、前日に行くって言う出すのは・・・。急に一人増えたら前もって準備していた側がどう思うかとかって理解できないんでしょうね~。
2013/05/19(Sun) 03:28 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
初めまして。お気持ちよーく分かります。アメリカ人にもいますよ、パーティー当日まで返事しない人。返事ないから来ないのかと思ってると、当日の数時間前とかに連絡して来るんですよね。何なんでしょうね、こういう思考回路。
(しかも誕生会にギフトなしで参加とかもあったし。自分の子供にこういう事されるとちょっと嫌で、次は最初から招待やめます)まあ、こういう相手とは深く考えずにやってくしかないんですが、予約とか入れてたり、子供の場合パーティーファイバーが足りない(通常少し多めに用意しますが、限りはありますんで)時とかこちらも余計な仕事が増える際にはNO、余計な仕事が増えずに受け入れられる時は仕方ないんで、受け入れって感じです。本当、こういう事って言ってすっきりするのが一番ですね。
2013/05/19(Sun) 06:06 | URL  | Yukimi #-[ 編集]
No title
HIROKOさん、こんにちは。
その感覚、私も慣れないです。
うちは旦那の両親が他の州にいたり、まだカンクンに甥っ子姪っ子がいないので、きっとHIROKOさんのそれとは比較できないかもしれませんが、それでもひっかかる部分が多すぎてその都度どよーんと考えこんでしまいます。
そしてちゃんと姪っ子ちゃんを連れて行ったHIROKOさん、偉いですね。私なら嫌われても駄々こねてしまうかもしれません。車に乗れないからーとか、なんだかんだで。。。嫌な奴です、はい。
2013/05/19(Sun) 15:28 | URL  | sofia #-[ 編集]
こんにちは、HIROKO さん
長く住んでるHIROKO さんでも、やっぱりそういう葛藤があるのですねぇ…
ラテンの自由さに振り回される度に、真面目に信じて話した事を実行してた自分が、アホ臭くてやってられなくなります(>_<) が、慣れるのも時間がかかるし、なにより広い心が必要なんですねー!
先週まで20日程、仲良しのメキシカンのママとお姉ちゃんが来てたんですが、ラティーナの明るくて、温かくて優しいデッカイcorazonがあたしも欲しいものです。
2013/05/20(Mon) 12:42 | URL  | すぅ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
Yukimiさん、初めまして。コメントありがとうございます。
どこの国にも、自分の理解を超えた行動をする人はいるものですよね。アメリカもパーティなどが多いからYukimiさんもいろいろと体験されてるんですね。私は大きなパーティを企画したことがないから体験したことはないけれど、招待したのに返事がないとか、行くっていったのに来ないとか…会場の予約や食事の準備や…いろいろ大変だろうなぁって想像できます。
貯めすぎると体によくないですもんね。適度にストレス発散しながら過ごしていこうと思います。
2013/05/21(Tue) 03:44 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: No title
sofiaさん、こんにちは。
家族関係は、日本と違いすぎて悩むことが多いですね。sofiaさんの義兄弟さんが時々ブログに登場するお話を読んで、みんなそれぞれ大変だなーなんて読ませてもらってます。
車に乗れないからー!ってホントその通りで、5人が定員のはずの車に行きは大人3人子供3人、帰りはさらに動物プラス2匹で7時間の移動って、きゅうくつ過ぎでした…。
2013/05/21(Tue) 03:47 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: タイトルなし
すぅさん、こんばんは。
やっぱり5年目ともなると、長く住んでるってイメージですか…。まだまだ少し慣れて来たかなぁ…程度なメキシコ生活、葛藤は多々ありますよ~。広い心、ほしいですねー。ついつい自分のワクだけで物事を判断してしまって、イライラしたり、ありえん!って憤慨したり、ばかりです。ラテンの自由さに振り回される前に、ついついコミュニケーションさえ遮断してしまう時もあります。
日本にメキシコからお知り合いが遊びに来られてたんですね。想像するだけで、すっごく大変なような、楽しそうな・・・。
2013/05/21(Tue) 13:43 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック