メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
BIMBOパンの添加物
2013年06月03日 (月) | 編集 |
1ヶ月弱の間、家を留守にするので、日本食材をはじめ、パパは絶対使わないだろう食材は使い切り、


イーストを切らしてから、パン作りも数日お休み。


食パンが食べたければ、メキシコのパンメーカーBIMBO(ビンボ)のパンを買います。
000663.jpg
このパン、ものすごく長持ち。


パッケージには賞味期限しか書いてないので、製造から何日もつのかは分からないけれど、


買った時点でも、賞味期限はまだ1、2週間先。


1ヶ月くらいは平気なのでは・・・。


家で食パンを焼いて、常温で置いておいたら、早ければ3、4日でカビが生えるのに。


いったいどんな食品添加物が入っているのか、ずっと気になっていました。


日本のように、食品のパッケージの表示に、文字サイズの規定なんてないと思われるメキシコ。


ちーーーっちゃな文字で、書かれた原材料表示を1つ1つ調べようと思ったけど、途中で疲れましたー。


小麦粉や糖分などの食材以外の、添加物と思われるものを以下に。


inulina(イヌリン):食品にクリーミー感(脂肪感)を与える

lecitina de soya(大豆由来のレシチン):乳化剤、老化防止剤・ソフナー・生地調整剤

fostado monocalcio(リン酸カルシウム):膨張を助ける

cloruro de amonia(塩化アンモニウム):膨張剤、塩味とアンモニア臭

propionato de calcio(プロピオン酸カルシウム):防腐剤

esteres diacetil tartaricos de mono y digliceridos de acidos grasos
(グリセリンジアセチル酒石酸エステル):乳化剤 グルテンの強化 

enzimas(酵素):・・・何の?

carbonato de calcio(炭酸カルシウム)

mono y digliceridos de acidos grasos(脂肪酸モノグリセリド、ディグリセリド)

glicerina(グリセリン):保湿剤

azodicarbonamida(アジゾカルボンアミド):発泡剤

acido ascorbico(アスコルビン酸):酸化防止剤

sorbato de potasio(ソルビン酸カリウム):保存料


食品添加物の存在を真っ向から否定する気はないけれど、ちょっと怖すぎるくらいの添加物の量。


それでも、食パンが食べたいー!と子どもたちが言えば、パパはBIMBOパンを買うしかないんだろうな。


↓クリックで応援!お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

こちらも是非。
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/03(Mon) 09:39 |   |  #[ 編集]
こんにちは!
うわー日持ちが、あり得ない長さですね!
日本だと、2、3日ですよね。
もうビンボパンたべたくなくなりました(笑)
ただでさえ、海外ってあり得ない色にこゆすぎる味だしですねー。
日本まであと少し楽しみですねー☆
二人はママがいなくても、ちゃんとお留守番できるなんて、もうしっかりお兄ちゃんお姉ちゃんですね♪えらいなー☆
2013/06/03(Mon) 12:30 | URL  | すぅ #-[ 編集]
No title
BIMBOのパンは添加物も多いですが、

遺伝子組み換えを使った商品と聞きました。

本当に気をつけてください。

2013/06/07(Fri) 10:08 | URL  | さる #/3WEEAIQ[ 編集]
Re: タイトルなし
すぅさん、お返事遅くなりましたー。
ビンボパンの存在も忘れるくらい、日本でおいしいものいっぱい食べていました。
薄さとかサンドイッチにするには便利だけど、やっぱりなるべく買わないようにしようと思います。
調べてみて、怖くなりました・・・。
2013/06/13(Thu) 22:41 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: No title
さるさん、こんばんは。
BIMBOのパン、ホント危なそうですね。
出来る限り、買わずにすむようにしようと思いました…。
2013/06/16(Sun) 22:46 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック