最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

はちみつクレヨン

メキシコに入国する時、入国審査はわりと簡単に通過することができる。今まで、過去7回メキシコに入国して、入国審査で質問らしい質問を受けたことはない。例えば今回も、子供たちのパスポートにスタンプを押す時に、「あなたの子?」と聞かれただけ。


それよりも難関は、あと扉一枚で外に出られる!というぎりぎりのところにある。税関。


税関審査では、税関申告書を係員に渡した後、スーツケースから手荷物、ハンドバッグに至るまですべての荷物をX線検査機に通す。その後は、検査機を通過したところにあるボタンを押すように指示され、ボタンを押して、緑ランプがつけば、行ってよし、赤ランプがつくと荷物を開けて中を調べられる。


疲れがピークのところで、さっきカートに載せたばかりの荷物を、またすべてカートから下ろし、機械に通し、またカートに積みなおす、という作業だけでもかなり憂鬱なのに、赤ランプなんてついたら大ショック。


でも今のところ、過去7回緑ランプで済んでいる。宝くじに当たるようなもの、という人もいるが、いったいこのランプがどんな仕組みになっているのかは、よくわからない。


ところが、今回、ボタンを押す前の段階、X線検査機を通したところで、係員に質問を受けた。「このかばんには何が入っているの?」何が、と言われても一番大きなスーツケースだし、とっさに「何」と思い浮かず、えーっとと考えていると、「絵の具か何か入ってる?」。


とっさに何のことか思い出せなかったのだけれど、こんな感じの、と親指と人差し指で係員がクレヨンのサイズを見せてくれて、あー、はちみつクレヨンだ!と思い出した。さらに、クレヨンの形状やどんなものに入っているかさらに質問を受けた後、スーツケースを開けて見せるように言われた。


出発の数日前にリィの誕生日ケーキを用意していてくれた友人宅で、リンに、といただいたクレヨン。みつばちの巣から採った蜜蝋(みつろう)でできているクレヨンなので口に入れても大丈夫。何しろ大好きなディズニープリンセスのものだったので、いただいて帰った日の夜さっそく、塗り絵を楽しんでいたリン。
honeycrayon.jpg
(友人の旦那様は、某建設機械・農機メーカー勤務なので、いつもリィにはミニカーを頂きます。箱も捨てずに持って帰るように、とのリィの指示。)


メキシコでは、税関申告書にも記載されている通り、免税で持ち込める荷物に結構細かい基準がある。コンピュータ1台、CDは30枚まで、おもちゃ5個、などなど。食品の持ち込みは結構厳しいらしく、赤いランプがついて、スーツケースを開けられた人が、日本から持ち込んだ貴重な食材の封を片っ端から開けられた話なども聞いたことがある。


はちみつクレヨンが入っていたスーツケースにも、メキシコでおいしいコーヒーを!と思って買ってきたコーヒーが4袋も入っていたし、最後の日にスーパーで買いだした大事な食材がたんまり入っていたけれど、チェックする係員の手つきから、あまり厳しく何かを探している感じは受けなかった。


結局、隅から隅まで探られたものの何かを取り上げるでもなく、「ボタンを押して」と言われ、緑ランプがつくと、「ありがとう」と言いながら行ってしまいました。


はちみつがいけなかったのか、その形状が怪しかったのか、結局何が引っ掛かったのがよく分からなかったのですが、何も没収されなくてホッ。よかった~。


田舎暮らしに戻ってきました。ランキング参加中です。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

いや~ん

はちみつクレヨンとバックホーが没収されたのかと思って、ドキドキしちゃったわ(>_<)
余計なものをあげてしまったかしら・・・って(~_~)
煩わせてしまったけど、大丈夫だたようで良かった・・・

帰りもこんなに大変だったなんて、あり得ないよ(--〆)
よく頑張りました!

あ、名前ターミだったり「まみ」だったり失礼!

代替画像

なんにも取られなくってよかったよ~。ところで、バックホーってなんだったっけ。
ほんと家に帰るだけで、こんなにも大冒険なんて・・・、すっごく疲れました。

代替画像

HIROKOさんおかえりなさーい!お子さんたちも日本の夏を満喫されたようで何よりですね~♪羨ましいです・・・私も夏の間に帰りたかった(T_T)
ところで色々とお疲れさまでした。。。私もメキシコ-アメリカ間は毎回のように飛行機が遅れてるので、記事を読みながらすっごい共感してました。長時間飛行機に乗ってるだけでも疲れるのに、ホント勘弁してほしいですよね。。
そして税関・・・。悪夢です・・・。私は今のところ赤がほとんどなんですが、前回の時がもうひどかった・・・。2つのスーツケースに重量規定ギリギリで物をパンパンに詰めていたのに、それを床の上で乱暴に全て広げられ、私のブラジャー・ショーツまでがアノ場所で散乱する始末。しかも係り員オトコ!ちくいちチェックが入って食べ物も開けさせられたし、日本のおいしいパンは没収されるし、荷物はまた入れ直さなきゃいけないしで、なんか怒りやら疲れやらで泣きそうでした。。HIROKOさんは何も「盗」られなくてよかったですね。あのランプ、私は誰かが裏で操作してると思うんですけど、ホントどうなってんるんでしょうね。
村の放送・・・(笑)お気持ちお察しします。。。

代替画像

バックホー

ショベルカーのことだよ~ん!
この写真の緑の♪

代替画像

Re: タイトルなし

Yukaritaさん
帰ってきました!楽しかったですよ、日本。来年も夏に帰るか、ムシ暑さだけがネックですね。
メキシコーアメリカ間は、毎回遅れますか・・・。メキシコからの帰り方はいろんな経由の仕方があるので、今回は初めて、試しにアメリカの2か所を経由してみましたが、もう嫌ですね。なにより、一度入国しないといけないというのが、面倒。飛行機の遅れ、入国審査の長い列、荷物の預けなおしなど。
Yukaritaさん、赤ランプ経験者なんですね!そんなひどいことされるんですね、やっぱり。今回はランプが緑だったので、荷物を1つ開けられたものの、何も≪盗≫られなかったんじゃないか、と感じていましたが、やっぱり。次回以降が怖いです。

代替画像

Re: バックホー

へ~、バックホーンって言うのね。ちなみに、この緑のバックホーンは去年いただいたもの。椅子の背もたれが折れてしまったけど、超お気に入りで、今でもよく遊んでるよ。外に連れて行かれて、工事用の砂を掘ったり、運んだり、本物さながらに遊んでます。旦那様にくれぐれもありがとーって伝えてね。

代替画像

しつこいけど

バックホーンじゃなくて、バックホーだよ!
この先間違ったままだと・・・なので念のため!

代替画像

ごめん、ごめん。私もバックホーって言ったり、ホーンって言ったり適当だね~。全然頭に入ってない証拠?