最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

神様がくださる?

ランキング参加中です。いつも応援ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ


Dios te da mas.(ディオス・テ・ダ・マス)


この言葉を初めて聞いたのは、お義母さんのお母さんが、休暇でここに数日滞在していた時。


=God gives you more.


=神様がもっとくださるわ。


って意味だと思うんだけど。


お義母さんがうちに来て「NIVEAのクリームを少しくれない?


母がこのクリームじゃないといやだって言うのよ…」って言うから、


持って来たケースにたっぷりあげて。


去り際に、「ありがとう!HIROKO」と言ったあと、この言葉が続いた。


<<え?神様がハンドクリームをもっと・・・?くれんやろ!>>


と正直に心の声は叫んだ。


そんな私は、信仰心が薄すぎるのか。


いいことをすればいいことが、悪いことをすれば悪いことが自分に返ってくるとは思うけど。


先日もまた、家の庭に生えているザクロの木から、実をたっぷり持って帰ったお義姉さんが、


「Dios te da mas.」同じことを言った。


うん・・・自然のものは、天からの何かそういう意思が働くかもしれない。


信じるものが違うだけなのか。


この世に起こるすべてのことは、神様のおぼしめし、とキリスト教を信じる人には、


「今度何かお返しするわね。」の言葉はない。


以上、あくまで私の主観です。
キリスト教についてきちんと理解できてない部分などがあるかもしれません。


週末は応援が減ります・・・。ぽちっと是非!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

こちらも応援、おねがいします。

人気ブログランキングへ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

HIROKOさん、こんばんは。
直訳するとそうですよね。
でもきっと、決まり文句みたいな感じじゃないでしょうか。
ありがとう、に続く…。
日本語に馴染みのない表現が多く、私も戸惑います。
日常茶飯事にDios que te bendiga.「神のご加護がありますように」とか、Gracias a dios,「神のおかげで…」とか使われるから、一種の慣用句みたいな?と思ったりして深く考えないようにしていますが。
あまりにもよく使われるから、gracias a dios って使ってしまいそうになったりします。場合によってはしっくりくる?と思えてきたりして。でも、そうそう、私クリスチャンじゃないんだった!って思いとどまっています。

代替画像

Re: No title

Sofiaさん、こんにちは。
なるほどー、決まり文句なんですね。
確かにDios…って表現を時々耳にすると、神様が…なんて慣れないから、ついつい過剰に反応してしまうけれど、メキシコでは当たり前の存在ですもんね。このDiostedamasの表現は、今年に入って初めて聞いてへー!そんな言い方するんだーってすごく驚いて、先日2度目に聞いて、またその時のことを思い出して書いてみました…。
Gracias a diosって、おかげさまで…に近い感じだなぁって思うから、私もついつい使ってしまいそうになります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。