最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

明日は我が身

9月中旬に連続して発生した熱帯暴風雨により、メキシコ南部のゲレロ州などが洪水被害にあいました。


ゲレロ州というと、有名な観光地アカプルコのあるところ。


死者は100人を超え、今でも避難者は多数。


メキシコ赤十字から、すぐに必要な食材や衛生用品のリストが出され、


救援物資の寄付が求められました。


というのは、メキシコ関連のブログを読んで知ったこと。


この辺では、どこへ物資を持って行ったらいいのかもわからず、


どこかで収集場所や募金を集めているところを見かけたら、協力しようと思ったまま。


先週末になって、日曜日に支援物資の収集に来るという、村の放送が流れました。


その内容が、日本ではきっとこんな表現はしないだろうな…と思う放送。


「Para nuestro hermanos(パラ・ヌエストロ・エルマノス


:私たちの兄弟のために)」支援をしましょうという内容で、


必要なもののリストが読み上げられ、


最後に一言。


「Hoy por ellos, Mañana por nosotros(オイ・ポル・エジョス、マニャアナ・ポル・ノソトロス


:今日は彼らのために、明日は私たちのために)」


意訳すれば「明日は我が身」ってことかな。


本当にその通り。


世界各地で、ひどい自然災害が起こっていて、いつ自分の身に起こってもおかしくないこと。


子どもたちにきちんと説明して、何が協力できるか、家の中にある食材・衛生用品・服を集め、持って行きました。


当初は、服や水、医薬品は募集してないとのことでしたが、


今日は、服や布団もリストに入っていました。


被害にあった方々が一日も早く元の生活に戻れますように・・・。


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

洪水被害のお見舞い

Bonjour !

雲はまだ真夏のかたち空だけが運動会の色に近づく

(富山市 松田 梨子 中学3年生)

9月30日の朝日歌壇。


・・・洪水被害のお見舞い申し上げます。

日本の台風被害も、今年は異常です。「特別警報」という、いままでに経験をしたことのないレベルの、警報が出るようになりました。相当な被害が連続していますが、人工衛星による、正確な予報により、人的被害は、最小限にとどまっています。また、事前の地震警報(何秒後に、地震が来るという警報)も、よく発生しています。

地球環境の変化による、異常気象のようですから、おたがいに気をつけましょう。


☾☆☾☆☾☆

代替画像

Re: 洪水被害のお見舞い

中江三青さん、こんにちは。
日本は運動会の季節ですね。ちょうど気持ちいいお日様の光と、その時期特有の空気のにおいが大好きです。
日本も台風、地震で大変ですよね。お気をつけてお過ごしください。

代替画像

こんにちはHIROKO さん
うちでも、子供と犬とかの物資が足りてないって聞いたので、先週アカプルコに送る物資を色々買いに行って、みんなで送りました。
ほんと今の地球では、明日は我が身ですね。
日々のNEWSを見てると、ほんとヒドイので、早く普通の生活に戻れるようになるといいなと、思います。

代替画像

Re: タイトルなし

すぅさん、こんばんは。
リストにないもの以外でも、靴や他の食材も必要ですか?と聞いたら受け取ってくれたりしたので、やっぱり足りないものはいろいろあるんでしょうね。子供のもの足りてないとは知りませんでした。選んで持って行ったけど、子供の服とかもっと寄付すればよかったかな…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。