最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

大家族でクリスマスのお祝い

キリストの誕生を祝うクリスマス。


教会だけでなく、各家にあるナシミエントにもキリストの赤ちゃんを寝かせる。
IMG_3047.jpg
寝かせるだけのようで、実は、その儀式(?)は、ものすごく長い。


キリストの一生の「5つの神秘」を順に唱えていき、


その間に、Santa Maria Madre de Dios gonyogonyogonyogonyo・・・・・・・・・・・・
(サンタ・マリア・マドレ・デ・ディオス:神の母である聖マリア様ゴニョゴニョ・・・・・・)


と唱え、合間、合間に歌を歌い、


まだTricero Misterio(第三の神秘)かぁ・・・とか思いながら、待つ。


楽団を呼んで盛大にこの儀式をやり、村中のお客さんを呼ぶ家もあるけれど、


うちではアカペラで、家族だけでこじんまり。
IMG_3030.jpg
実はメキシコ生活5年目で、家でこの儀式に参加するのは初めて。


24日の晩に限らず、クリスマス周辺の都合の良い日にやるんだけれど、


やらなかった年もあるような気がするし、この時期、家にいないことが多かったのもある。


家には3体のキリストの赤ちゃんがあるようで、長女リンと次女リサもMadrina(後見人)に。
IMG_3039.jpg
最後は抱っこして、歌に合わせてユラユラ。


食事の準備も大したお手伝いはできないので、


参加した人に配るお菓子の袋を準備することを買って出てました。
IMG_3019.jpg


クリスマス前は教会でお菓子をいただくし、そして、今の時期は毎日のように、


どこかの家でこの儀式やピニャータや、年末のパーティーをやっているので、


この時期、もうホント~に大量にいただくお菓子の袋。


中身は、大して変わり映えなかったり、口が気持ち悪~い色になる飴とかが多いので、


なんか違うもの入れようよ…と常日頃から思っていて。
IMG_3012.jpg IMG_3020.jpg
はまりにはまっているさくほろクッキーを焼いて入れました。


クリスマス前から、何回も何回も焼いたシナモン味。でも一度に50枚は、なかなか大変でした。


きなこのレシピをシナモンパウダーに変えただけ。きなこと半々でもおいしいです。


みんなで食事をした後は、リリリイトコ頭(18歳)の誕生日のお祝い。
IMG_3044.jpg
お腹いっぱい。


↓クリックで応援!お願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村に参加しています。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。