最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ライムシャーベットに欠かせない味

ふもとの町の文房具屋さんと靴屋さんへ長女リンの学校で必要なものを買いに。


帰りに公園で、ライムシャーベットを買って和む。
IMG_3456.jpg
子供たちが、まず「わたし大きいの!」


「リサはちっちゃいのでいいね。」と頼んで、普通にシャーベットだけを渡されて、


「チャモイはないの?」と聞いてしまうくらい


ライムシャーベットに欠かせない味。
IMG_3455.jpg
初めて見た時は、


「なんじゃこれー!


まったく、なんでもかんでもチレ(唐辛子)・・・」


って思っていたハズ。


だけどね、


これがクセになるんです。


この真っ赤なChamoy(チャモイ)という名のソース、


しょっぱくて、甘くて、酸っぱい、そしてほんの~り唐辛子のピリッとした感じ。


はっきりとした起源は不明だそうですが、


なんと、日本からの移民が持ちこんだ梅干しが元になっていると言われています。


どうりで、口に合うはず。唐辛子を抜けば、梅干しの味そっくり。


このChamoyソースは、すもも、マンゴー、アンズなどのフルーツを酢の入った塩水に漬けて作るそうです。


メキシコでライムシャーベットを食べる時は、是非チャレンジしてみてくださいね。


ちなみに子供たちも、食べている途中でお店に戻り「チャモイかけて~!」と、言いに行っていました。


↓クリックで応援、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村ランキングに参加しています。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

チレの入っていないスパゲッティーは物足りないです。
たまにハバネロを焼いて食べたくなったりします。
パクチ(シナントロ)もそうですね。
メキシコ暮らしの後遺症です。

代替画像

Re: No title

キングさん、こんにちは。
あ、それは味覚がメキシコ人化していますね。アバネロを焼いて!!辛そうです~。
辛くなければ食べ物じゃない!と義父に言われてショックを受けたことがあります。
シラントロはクセになりますねー。サルサに入ってなかったら絶対ダメです。

代替画像

No title

少し訂正いたします。
ハバネロではなくてハラペーニョでした。
シナントロではなくてシントロですね。

仕事の帰りに立ち寄ったスーパーでハラペーニョを売っていました。
近いうちに焼いて食べてみます。
当たり!を引けば30分は泣けるでしょう。v-42

では。

代替画像

Re: No title

キングさん
ハラペーニョだったんですね・・・。ハバネロを焼いてかじれるほど、激辛がお好きなのかと思いました~。でもハラペーニョも当たり外れ、ありますもんね。カナダのハラペーニョの味、是非教えてください。当たり!が出るといいですね(笑)~!