最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

きちんと届く、国際書留

メキシコから日本に、郵便で手紙や荷物を送りたい時、不安になるのは、


ちゃんと届くんだろうかってこと。


日本でいうEMS(国際スピード郵便)はメキシコにもあって、


「早くて確実に届けたい」と伝えると、「MEXPOSTね!」と扱われる。
MEXPOST.jpg
でも、これが高い。


封書も小包も同じ扱い。料金表は、なぜかアメリカドル建てで


最低料金は、重さが500gまでのものを日本へ送る場合で、


42.32USD(約570ペソ)。


例えば4kg~5kgのものなら、76.57USD(約1030ペソ)!!


普通にお手紙を送りたいだけなんだけど、そこまでお金をかけるのも・・・、


でもなくなってしまうのは困るという場合には、


普通の郵便で追跡ができるサービスを頼むのがいい。


例えば、先日、子供たちが日本のおばあちゃんに絵を描いて送った。


三賢者の日に送ってくれた、水彩画セットでカラフルに塗った絵。


数日で届く必要はないけれど、これなくなったら悲しいよね…っていうもの。


メキシコ時間の1月25日夕方に郵便局で受付け、2月5日におばあちゃんの手元に届いて、


大喜びしてくれた。


11日間で日本へ。もちろん追跡できるので、なくなる心配も少ない。


MEXPOSTで日本へ小包を送ったときも、日数は同じくらいかかったような・・・。


料金表は、細かくグラムきざみになっていて、今回送った封書は50~100gで33ペソ。


プラス、Certificadoの20.50ペソを足して、53.50ペソ。


料金表はこちら


手紙・封書・小包と料金表も分かれています。追跡サービスや受けとり通知などの追加サービスも別表に。


絶対なくならないとは言えないけれど、


今までのところメキシコ国内・国外へ5回ほどこのサービスを利用して、きちんと届いています。


↓クリックで応援、よろしくお願いします!!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村に参加しています。

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

今度ぜひ「普通の郵便で追跡ができるサービス」を使って
日本に荷物を送ってあげたいのですが、名称ってありますか?
MEXPOSTじゃない追跡できるやつってスペイン語で説明して
わかってくれますかね?教えてください~

代替画像

Re: タイトルなし

モモさん、こんにちは。
名称を記事に書こうか迷ったんですが、実は正式名称を知らず・・・。私が私書箱をあけている郵便局では、MEXPOSTじゃないやつは、何ていうの?って聞いたら「Registardo Normalね」って言われたのでそう呼んでいます。「MEXPOSTじゃない追跡できるやつ」って説明すれば分かってくれると思いますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。