メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
真っ赤な花のコロリンの木
2014年02月08日 (土) | 編集 |
真っ赤な豆がなる、Colorin(コロリン)の木。
001912.jpg


花も、パッと目を引く真っ赤・・・と書いたのは、2012年6月の記事「真っ赤な豆」。


2013年に撮り損ねて、やっと今年。
IMG_4014.jpg
この時期、この赤があちこちで目を引きます。


なんと、枯れ木に花が咲き、
IMG_4008.jpg


花が終わった後、葉っぱが出て種のなるさやがつくみたい。


Erythrina(エリスリナ)とも呼ばれ、


コロリンの学名は、Erythrina americana
IMG_4017.jpg
デイゴの学名は、Erythrina variegata


沖縄に咲くデイゴの仲間です。


メキシコでは、子供に絵本を読んだりお話をしてあげているとき、


最後に必ず「Colorín colorado este cuento se ha acabado」
(コロリン・コロラド・エステ・クエント・セ・アカバド


:コロリン・コロラド、このお話はこれでおしまい)で締め。


「Colorínとcolorado」のColo(コロ)colo(コロ)と


「colorado(コロラド)とacabado(アカバド)」のado(アド)の韻を踏んだ


単なる音の楽しさだけなのかなと思っていたけれど、


「Colorín colorado」には「真っ赤なコロリン」って意味があったのね。


↓応援クリック下降中。ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村に参加しています。
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
こんにちはぁ。
御無沙汰してましたが、
ブログはいつも楽しく拝見させて貰ってました。

実は、メキシコよりこのコロリンの種を持って帰ってきて
家で育てているのです…
でも、その時、綺麗な赤い種に惹かれ拾っただけだったので、
このブログを読むまで、何の木を育てているのか分からず:笑


冬の今、すっかりすべての葉が枯れてしまい
病気になってしまったのか心配してたんですが
幹は元気そうで、どうしたものかと頭を悩ませていました

ここで紹介して頂いた御蔭様で、
デイゴの仲間だと言うのも分かって
育て方にも、少し見当が付きます。

まだ小さな木ですが、いつかこんな赤い花が見れたらいいなぁ
2014/02/09(Sun) 11:18 | URL  | ちはる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うわ!ちはるさん、久しぶりです~!
お元気ですか。
ブログ、続けて読んでいただいてると知って、とても嬉しいです。
コロリンは関西でもちゃんと芽が出て育ってるんですね~!
今は寒いだろうけど、春になったら、花が咲くかもしれませんね。メキシコでも寒い間は、ただの枯れ木みたいな感じでたたずんでます。
コロリンでは日本語のサイトはほとんどヒットしなかったですが、エリスリーナで検索するとブログなどいろいろとでてきましたよ。
元気に育つといいですね。
2014/02/09(Sun) 12:46 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
空港に日本で植えてとコロリンの枝と種を持ってきて呉れた人が居ました 幸いに検疫は通過 枝は東京で直ぐに着きましたが冬に枯れてしまいました 種は沖縄の県花デイゴがこれに似ているので友人に送り比較するのを頼みました メキシコの方が清楚だそうです
2014/02/10(Mon) 10:38 | URL  | 墨爺 #BvcCegWc[ 編集]
Re: タイトルなし
墨爺さん、こんばんは。
やはり冬には弱いんですね。シュッと細い花が幾重にも咲くので、とてもきれいです。デイゴの種をメキシコに送って芽がでたんですね。すごい!
2014/02/10(Mon) 12:50 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック