最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

失くしたら戻ってこないと思え!

先月買い替えた車はサンルーフがついていて、


出掛けた帰り、家が近づいてくると子供たちは顔を出してもいいルール。


普段出かける場所に、高架なんかはないけれど、


でも何にぶつかるか分からないので危ないから、ふもとの町の近くから。


今日も長女リンが顔を出したいというので、日差しが随分きつかったから、私のキャップを貸した。


風で飛んで行ってしまうので「しっかり持っててね」と言ったのに、


頭を引っ込めようとした時に、油断して手を離したから、飛んで行ってしまった。


後ろをみたら、車道ギリギリのところに帽子。


すぐにUターン。


帽子を横目に通り過ぎて、すぐに再Uターンしたかったけど、田舎の一本道、


後ろから車も来ていたので、少し先の回りやすい場所でUターンして、帽子に向かって直進。


「あった!あった!」と帽子が視界に入った途端、


反対車線の車が一台、急ブレーキを踏んで、バックを始めた。


とっさに「とられちゃう!」と叫んだら、パパも少しスピードを上げて、


帽子のところで、向こうの方が少し早く止まったかな。でもほぼ同時。


反対車線の車、中央線、うちの車、帽子の順だったから、


帽子は助手席の私の側に。


これが、2台の車の間だったら、取れらていたかも。


「ごめんよ、アミーゴ、これ俺んのだから。」


ってパパが言った時の、相手のバツの悪そうな顔。


でも、こんな数分の間に、取られてしまうものなんだ…って気分悪。


実は、この道で帽子が飛んで行ってしまったのは、4年前にも一度あって、


その時は、トラックの荷台に乗っていた長男リィのキャップ。


すぐに戻って探したのに、道路脇の草の中まで見たのにどこにもなくて


泣きべそをかいていたリィを思い出す。


日本人の感覚からしたら、誰のかも分からない帽子なんて気持ち悪くないか?って思うけど。


失くしたら、戻ってこない。気をつけないと。
(結局、色鉛筆も戻ってこないまま…。)


更新の励みに↓クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

こんにちは!

えー!!これはビックリです。帽子とかでも
持って帰ったりしちゃうんですね。
たとえ財布であっても、大体が交番に届く
日本のモラルの高さを改めて誇りに思います。
ドイツでも旦那曰く『財布ならほぼ間違いなく
ネコババされるよ。』と。
日本さいこー♥︎

代替画像

Re: こんにちは!

HICH.さん、こんばんは。
私もこんな一瞬のスキに盗られてしまうものなんだって、ホントびっくりしました。わざわざ戻って拾うほどの帽子でもない、普通の野球キャップだったんだけど、きれーいに道路に飾ってあるかのように落ちたから、欲しいとおもってしまったのかな・・・。
日本は、財布なくしても中身ごと届けてくれる場合が多いですもんね。すばらしい国ですよね~!