最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

独立記念日 ~田舎編

昨日は、メキシコの独立記念日でした、前夜祭の様子は昨日お伝えしましたが、少し続きがあります。

夜の11時過ぎに、VIVA MEXICO!と叫んだ後、いつもと違い、さぁっと人がはけ、静かになりました。また今日も夜中うるさいのかなと思いながらブログを書いていたので、シーンと静かな外の様子にびっくり。

明日に備えて皆帰ったのかと思いきや、麓(ふもと)の町で同じようなセレモニーの後、ダンスパーティがあるので皆そこへ向かったのでした。


では、今日は当日のセレモニーのお話です。

当日のイベントは、パレードから始まります。国旗を持った、村の委員の代表、独立記念日イベント後援会代表・幼稚園・小学校・中学校の各PTA代表が先頭に立ち、鼓笛隊、幼稚園生、小学生、中学生が続きます。

独立記念日は、国旗をたたえる日でもあると昨日書きましたが、この村のパレードもまさに国旗・国旗・国旗。
parade1.jpg
パレードの先頭に立つ国旗。
parade2.jpg
車もこんな風に、国旗で飾ります。これは、独立指導者の顔入り特別バージョン。
parade41.jpg
メキシコのお祭りでは、色とりどりのビニールの切り絵が飾られます。
今回は緑・白・赤の国旗カラー。愛国と自由の文字入り。


こういうお祭りで困るのが、音だけ鳴る花火。ひゅ~~~~~~~~どん!と爆音が鳴り、家で飼っているヤギもいちいちびっくりして逃げ回るぐらいのもの。リンは大きな音が嫌いなので、この花火がなると両手で耳をふさぎ、終わってもしばらくの間その状態で固まってしまいます。

パレード出発の時には、5,6発なるので、「ママぁ~、おうちかえろ~」と半泣きになってしまい、写真はほとんど撮れませんでしたが、幼稚園生と小学校低学年は衣装を着て車に乗り、小学生女子はポンポンを持ったチアリーダー風、制服姿の中学生は軍隊式の行進でした。
parade5.jpg
幼稚園生も銃弾をたすきがけ。
parade3.jpg



1時間半ほどかけて村を1周し、会場に戻ってきました。会場では、パレードの先頭に立った大人たちが、国旗を持って皆の前をぐるっとまわった後、国歌、プエブラ州の州歌を歌います。
parade8.jpg
国旗に対しては、子供から大人まで手を水平にして胸に当てるメキシコ式の敬礼。


その後、小学生有志による寸劇。先生が読み上げる独立戦争の発端の際のストーリーをもとに、演技をする小学生を眺めながら、しばし歴史の勉強。
parade6.jpg
右端の、白髪に黒いコート姿が、独立主導者のミゲル・イダルゴ司祭。メキシコ人に、植民地支配からの独立のため、立ち上がるよう呼びかけています。
parade7.jpg
味方同士が戦ってる気もしますが、その辺は気にせず。


最後は、食事がふるまわれ、そのままお開きとなりました。


こうして一日かけて、メキシコの独立の歴史を知り、国旗に敬意をはらい、メキシコ人であることの誇りを再確認する祝日でした。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 応援よろしくお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret