最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ロバのパン

にほんブログ村 トラコミュ 海外での「食」生活へ
海外での「食」生活


夕方、「公園前で、Pan de Tehuacan(テウアカンのパン)を売ってまーす」と村の放送。


長女リンと日本語の勉強中だったけど、「この前パパが食べたいって言ったね」と話して、


買いに出ました。


Tehuacan(テウアカン)は、プエブラ州第二の都市。


有名な食べ物がいくつかあって、このパンもその1つ。


またの名を、Pan de Burro(パン・デ・ブロ:ロバのパン)。
IMG_4279.jpg
その昔、ロバでパンを売り歩いたころからの名残で、ロバの押し印が目印。


今はさすがに、車やバイクで売りあるいています。


この日売っていたのは、直径20cmくらいの中サイズ。


もっと大きいものもあるけれど、どれも厚さは3~5cmの円盤のパン。
IMG_4288.jpg
めが詰まっているのに、しっとり柔らか~い。


白は砂糖、茶色はPanela(メキシコの黒糖)味。


給食の黒糖コッペパンを思い出すクラッシックなパン。


どうやったら、こんなに優しいパンができるんだろ…と


ネットでさっとレシピを探した程度では、探し出せない!


どんな記事も、「おじいちゃんおばあちゃから受け継いだレシピで…」とあって、


きっと今でも窯で炭火で焼くパンです。
IMG_4282.jpg
思い出したら食べたくなる気持ち、わかる。


1つ10ペソ。


「2つなら15ペソにしとくよ」と、のせられ2つ買ったのに、あっという間でした。


ランキングを楽しみに更新しています。
↓クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret