メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
ほんよむー!と日本語の基礎
2014年03月03日 (月) | 編集 |
4歳半の次女リサ。


自分で「ほんよむー!」と言い出すくらいまでになってきました。
IMG_4289.jpg
この、本にかぶりつく必死さ加減がカワイイ。


ホント3人目まで続かないかもって思ったけど。


いや~、がんばってよかった。(過去記事→)「どこかあきらめがあったかも


一文字、一文字、追いながらだけど、読みたい気持ちが大切。
IMG_4291.jpg


「は」を、「わ」と読むか、「は」と読むかは、何度も何度も読んで身に付くもの。
IMG_4300.jpg


とにかく今は文字を書いたり読んだりが楽しくて、「おべんちょーする~」と自らドリルを取りだす時期。


カタカナ学習中。
IMG_4303.jpg
長女リンのお古のドリル。消しゴムで消すの疲れるけどね。


迷路や線つなぎ、塗り絵やシール満載でカタカナが学べる楽しいドリル。
カタカナ 5~6歳 (多湖輝のNEW頭脳開発)カタカナ 5~6歳 (多湖輝のNEW頭脳開発)
(2007/04/03)
多湖輝

商品詳細を見る



「日本語で書きなさーい!」とか「話しなさい!!」とか強制する言い方は絶対にしませんが、


子供同士のやり取りは、会話だけでなく、読み書きも日本語であってほしいというのが望み。


今日は、お昼寝してしまったお姉ちゃんに、お手紙を書いて枕元に。


前にもらったお手紙を読みながら、お返事をとっても楽しそう~!に書いていました。


そういう姿を見ていると、嬉しくなります。


スペイン語は、学校でイヤでも教わってくるので、


小学校が始まるまでは、家で教える気はゼロ。


日本語の読み書きをまず植えつけて、基礎にして、外ではスペイン語に上書きされて、


また家で、リセットして、の繰り返し。


これ逆にスペイン語が基礎だったら、たぶんリセット効きにくいだろうなぁと感じています。


小学校まであと1年半。がんばらねばー。


日本帰省で幼稚園に通わせてあげたいなぁ。というのが今の願い。


いつも応援ありがとうございます。
読んだよーの↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック