最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

メキシコにはない「改善」という言葉

先週のキッザニア・メキシコの話に戻りますが、


トヨタのブースで、長男リィがもらって来たハチマキ。


注目です。


トヨタのマークが中央にあり、その両側に「敬意」と「改善」の漢字。
IMG_4807_201403161312172e2.jpg
そして、「敬意」の下には「Respeto(レスペト)」とスペイン語なのに、


「改善」の下には、「Kaizen(カイゼン)」と漢字の読みがローマ字で。
IMG_4806.jpg


メキシコには、「改善」という言葉がないってこと?


いや、Mejorar(メホラール:良くする)とか、って言葉があったはず。


でも、日本人が思うような、


今までの悪い点を見直して、反省し、それを改めて、良くしていこう、


なんていうような概念は、メキシコにはないかもね、なんて思っていたら。


「KAIZEN」という言葉は、トヨタの生産方式を象徴する言葉として世界で知られているとやら。


知らなかった。


本来の「改善」の意味と分けるため、「カイゼン」や「Kaizen」と表記されるそう(By Wikipedia)。


自分の行いを反省して、申し訳ありません、なんて絶対言わない。


そんな人に「改善」なんて無理よね、って思ってたけど、それとは違う意味なのね。


いや、ホント謝らないから、メキシコで出会う人々。


いつも応援ありがとうございます。
↓クリック1つお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

私も同じような業界で仕事してますから・・
KAIZEN・・理解します。
でも・・・この言葉・・
業界では30年以上使ってます。
今も・・・どうして?
いい加減に違う言葉を使っても・・と?
継続は力なりでしょうか・・・
私は、そうは思いません。

そう考えると、そんなこと考えないメキシコは正解です。
そんなメキシコが良いのかも知れませんね!

逆も真なりです。解りますか?

代替画像

Re: タイトルなし

キングさん、こんばんは。
30年も前からある言葉なんですね。KAIZEN・・・。日本の会社員時代、QC活動とかありましたけど、そういうのと似たような概念なんでしょうか。日本のトヨタで成功したやり方が、30年たっても、どこの国でも通用するっていうのは、少しおかしい気がしますね。NYで多人種の中で仕事をして、それは実感としてあります。メキシコにはメキシコなりの、方法、進め方ってあってしかりと思います。