最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

今日のモレ・ポブラノは絶品だった

プエブラ州の名物料理、モレ・ポブラノ。


お祭りやお祝いごとの時によく食べられる料理。


市内の観光地でも、それを売り物にしたレストランなどがあるけれど、


ホントにホントにおいしいのは、村のおばちゃん達が作るモレ。


これ↓去年もこの時期に書いたんだけど、


たまに、観光などでプエブラに来られた方が、


おいしいと聞いていたはずのモレは大したことなかったー、


とか書いている旅行記などを読むと、残念だなぁ、と心底思う。


うちに食べに来てほしい・・・って。


観光レストランのシャバシャバなモレと違ってホントすっごくおいしいからっ!


そうそう。先週は年に一度の村のお祭りでした。


今日で、作ってから5日目のモレは、最高においしく絶品。


カレーと同じで、日々味がまとまって深みが出てくる料理。


日本での日々のことも書きたいけれど、忘れないうちに先週のお祭りのことを先に。


例年と比べ、少しだけイベントものが豪華になって、


闘鶏やロデオ、野球の親善試合や、競馬なんかの予定があると聞いて、


200mくらいの直線コースを走りきるメキシコの競馬を、見に行きたいと思っていたのに。


まさかの、馬、捻挫でキャンセル。


お~い!


代わりの馬の用意とか、ないの??


コース予定地は、小学校の下のお義父さんの畑。一直線のコースがむなしく残っていました。


がっかり。


そして、もう1つ、特筆すべきことは、


お義母さんの体調不良。


祭り2~3日前から、太ももの激痛で立っても座ってもいられず、


祭り前日に近くの町で診てもらうも、精密検査をしないと原因が分かりませんと言われ、


祭り当日の早朝から、市内まで検査に。


結果、坐骨神経痛だと思われ、


お祭りの料理の準備などまったく手につかず。


お義姉さんと私と二人で、買い物から仕込みまで。


っていても、完全に私はアシスタント。


でも去年、しっかり習っておいてホントよかったー。


復習しながら、今年は、自分の手で下ごしらえ。


何なら、来年は自分で全部できるかもっていうくらいまで、しっかり習得しました。


去年も熱くモレへの想いを語ったけれど、メキシコに来て一番習いたかった料理。


自分のものになりつつあって、嬉しい!


お義母さんの体調も少し良くなっているようなのでホッと安心です。


忙しすぎて、カメラはまったく携帯せず。一枚も写真を撮らなかった今年のお祭りでした。


家のまん前に出る移動遊園地の騒音も気にならずによく寝たー。


モレとは何ぞや?という方は、去年の日記をどうぞ。
モレ日記~材料編
モレ日記~下ごしらえ編
モレ日記~出来上がり編

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

Hirokoさーん、こんばんは!元気出たかなーって心配してたよ。ブログの更新を見てホッと。
で、義母さん大丈夫??原因が分かっただけ安心だね。早く良くなりますように。。
モレ作り、アシスタントなんて。かなりHirokoさんが活躍したことでしょう〜。
お祭りお疲れ様でした!

代替画像

Re: タイトルなし

kigaさーん、おはよ。
うん、ありがとー、ずいぶん気持ちも落ち着いてきたよ。
モレ作り、楽しかった~。すこしだけ冷凍してあるから、夏休みにでも食べに来て!
休みに入ったら、また遊ぼうねー。

代替画像

モレ

HIROKOさん、 お帰りなさい!  モレね~。 私も大好きです。 私もお店のじゃなくてお義母のモレが好きですね。 頭では「母の味」を息子に好きになって欲しいからモレを作ってみたいな~。と思うものの、材料編を見ただけでクラクラ~~。 マイアミではラテンの食材は問題なくそろうだけに言い訳も何もないのだけど。。。。。。
日本料理だけでなくメキシコの料理もちゃんと作れるHIROKOさん。。尊敬します。

代替画像

Re: モレ

SABAMAMAさん、帰って来ました。
SABAMAMAさんも、やっぱりお義母さんのモレがおいしいですか~。それぞれに家庭の味があって、いいですよね。ホント、材料を忘れず買う時点で、疲れちゃいそう・・・って思うんですが、実は市場にいくと、乾物屋1店舗で、ほとんどのものがそろうんですよ。今回義姉の買い物について行った時も、このチレと、このチレと・・・って言い始めた時点でお店の人にはモレ作るのねって分かるみたいで。あれは?これは?って忘れ物のないように聞いてくれるので、案外買い忘れはないのかもって感じました。
一番知りたかったモレの作り方をマスターしつつあるので、次は・・・何を教えてもらおうかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。