最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

夏休みにやることと言ったら

先週は、夏休み早々メキシコシティへ出かけたり、プエブラ市内へ出たり、


忙しく過ごしてみたけれど、2週目以降はなんの予定もなし。


やることと言えば、パパの仕事にくっついて行くくらい。
IMG_0098.jpg
「つまんなーい」


なんて、受け身の遊びに慣れてしまうと、


テレビもおもちゃも、おねえさんも、紙もクレヨンもない畑は、


「やること何にもない」って感じてしまうよね。


「ここはアイデア勝負だよ!」なんて、刺激して、
IMG_0112.jpg
だんだんと、その状況に慣れてくれば、


最後は笑顔。
IMG_0133.jpg
トラックに乗ってたヒモと、草と木の枝と、手足。あとは、何を使ったかな。


次から次へと遊びを発明して、「たのしかった~!」


と次の日も手ぶらで畑へ。(あ、オヤツは必需品だけど。)


頭のちょっと違う部分を使うような、こういう刺激も必要ね。
IMG_0119.jpg
木の高い所に引っかかってしまったヒモを取りに、木登り。


水路を整えていたパパから大声で呼ばれ、
IMG_0116.jpg


何かと思ったら、野性のウズラの卵。
IMG_0113.jpg
よくこんなにきれいに並べるねぇ・・・と感心しながら、


卵を温めていた母鳥を驚かしちゃったから、もう帰ってこないだろうし、


目隠しの草も刈ってしまったし、


水路のド真ん中なので、もうすぐ流れてくる農業用水に流されてしまうので、


持ち帰って、孵卵器に入れました。

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。