最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

折り紙にはまる

こどもたちが、


ではなく、私が、です。


ここ最近、ブログの更新が滞り気味なのは、


折り紙に夢中になっていまして。


何がきっかけだったのかなぁ。


もともと、子供たちとは、折り紙を折って遊ぶこともあったけど、


3年前のバザーで、お友達から寄付して頂いた千羽鶴を売った時(←過去記事リンク)、


折り紙の魅力ってすごいんだなぁって感じることがあって。


売ったお客さん以外にも、バザーに参加していた他のメキシコの方二人から、


欲しいんだけど作ってくれない?と頼まれていて、


その時は、千羽鶴を折るほどの折り紙を持っていなかったので、


寄付してくれたお友達に、お願いして作ってもらい、1年半越しでお渡しできたこともあったり。


それは去年のことだけど、どこか頭の片隅にあったのかな。


今度のプエブラの秋祭りに、何か日本のもので手作りを並べたいと思って、


夏に日本から送ってもらった荷物に、折り紙を入れてもらったので、


手元に大量の折り紙があって、売れるかなぁ・・・と思いながら、


ユニット折り紙という、昔ながらの言い方だと「くすだま」を折り始めたら、


熱中!


ミニサイズを、誕生日のプレゼントに飾ってみたらカワイイ。
IMG_0374.jpg


Origami(折り紙)は今や、世界レベルの人気なんですね。


海外の作家さんたちの作品の作り方も、ネットでたくさん見ることができる時代。


あんまり難しすぎず、でも、作り甲斐があって、出来上がりに達成感がある、


コレに特にはまりました。
IMG_0371.jpg
色合いを考えるのが、また楽しい~!


作品名:TUVWXYZ Star
作家:Meenakshi Mukerji
ホームページ:http://origamee.net/


アメリカに住むインド人の折り紙アーティストさん。


小さな頃から、鶴や風船、しゅりけんなんて、普通に折って遊んでいると身近すぎて意外だけれど、


折り紙の世界にも著作権があって、ネットにアップしたり、販売したり、とかいうときには、


ことわっておいたほうがいいみたい。


ということを知り、Meenakshi Mukerjiさんにメールを送りました。


結果、快くOKしていただいて、販売許可も下りました。


<You've done the right thing by asking for permission.>「正しいことをしました。」なんて言われると、


嬉しい。


で、作ったら作ったで、やっぱり早く人の反応を見たくなるもの。


秋祭りまで、待ちきれず、


どれくらいの値段で売るのが妥当かも見極めたかったので、


昨日、アニメイベントへ出店してみました。


続きは、また後程。

top↑

コメントの投稿

secret