最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

日本のお土産と日々

5月に日本から持って帰って来たお土産を、


9月、10月になってやっとメキシコに住む日本人のお友達に渡したこのごろ。
IMG_0441.jpg
1食分の粉末サラダ・ドレッシング。


紅イモチップや、蓮根チップが入っている味もあって、おいしいー。日本だね~。


液体のドレッシングは重たいけれど、これなら軽いし、包装もデザインもカワイイ。


こちらは、大豆スナック。
IMG_0442.jpg
1つ1つのスナックを振るとカラカラと音の鳴る大豆の粒が入っていて、


いや~このアイデアがね、日本だよなーって、


うなりながら食べるのが楽しい。


のり納豆味なんだけど、しその味が強すぎるかな。でも緑茶には合う味。


たーくさんの楽しい思いをして、メキシコに戻ってくると、


自分で選んでこの地に住んでいるにもかかわらず、


なんでこんなとこにいるんだろ・・・なんて思ったりもして。


当時は、色々な理由から日本に住むのは無理だなと思ってあきらめたのに、


やっぱりいつか日本に・・・と未練も残っていて。


そんなモヤモヤした気分でいると、


メキシコに馴染んでちゃんと生活している友達には、連絡する元気さえなく。


そんな中、8月最後の週末に、


ニューヨークからメキシコ経由で日本へ帰国するメキ×日のご夫婦にお会いする機会があって、


また初心を思い出したりして、やっと、メールしよ!と気分も上向きになってきて。


市内に住んでいるお友達に会ったら会ったで、いっぱいしゃべってやっぱり楽しくて、


イベントへ参加させてもらう手助けをしてもらって、


そんな場で日本好きなメキシコの人たちに接すると、また楽しくてさらに元気が出て。


売り物に興味を持ってくれているんだけど、自分を通じて日本の物を気に入ってもらえるとね。


嬉しい。


メキシコシティの友達の家へ行ったら、前に会った時はちっちゃかった赤ちゃんは、


つかまり立ちをして、じーっとこちらを観察できるくらいにかわいく成長していて。


ぼーっとしていたら、あっという間に時間は過ぎて行くよね・・・。


やっぱり外に出よう!と思って、再来週と11月の中旬にもイベントへ出店することに。


これ以上モノは増えないので、手元にあるものの中からどう工夫して並べようかな・・・と考える時間が充実です。

top↑

コメントの投稿

secret