最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

じんましんと添加物

次女に、じんましんが出るようになったのは、夏休みの終わりごろ。


初めの日は、よく食べるねーって言いながら、フルーツをたくさん食べた日だったので、


もしかして、マンゴ・・・?バナナかな・・・とフルーツアレルギーを疑い。


私の日本の家族はアレルギー体質なので、長男も次女も、受け継いでしまったようだけど、


その後も、


牛乳か?


ピーナツかも・・・


食べ物じゃないのかな・・・なんだろ・・・と、


これっていう原因が分からないまま。


だんだんとじんましんの出る頻度があがっていくので、


長男のかかっているアレルギー科の先生に診せたら、


添加物や保存料かもしれませんね、とのこと。


薬を処方してもらい、クッキーやパンなどの製品は控えてくださいと言われました。


前にも、食パンに大量に入っている添加物のことを、ここに書いたことがあるけれど、
BIMBOパンの添加物(←過去記事リンク)」


手作りではないメーカーの製品には、長持ちするように何かしらの保存料が入っているし、


着色料も、てんこ盛り。


規制がないからなんだろうけど、


原材料を見ていると、寒気がするくらい怖くなるものもたくさん。


真っ青な飴をもらって、嬉しそうにほうばっている子供たちに、何度も何度も、


人工着色料の怖さを伝えて、随分食べないようになったけど、


もらった人の前で、食べるのやめなさいって言えない時もあるし。


普段、何げなく買っている商品にも、さっとキッチンにあるものを裏返してみたら、


チョコ味のシリアルには、黄色6号、赤色40号、赤色3号、青色1号、黄色5号、


リンゴジュースには、Benzoato de Sodio(安息香酸ナトリウム)に加え、色は3色、


トルティヤチップスには、2色の人工着色料。


こわい!!


ネットで調べれば、いろいろな情報があって、中でも、

「食品添加物は、腸の表面を守っている物質を傷つけて、消化吸収の能力に影響を及ぼし、腸からアレルギーの原因物質が体内に入るのを促進させます。

考えてみると食品添加物には発ガン性のある、または疑いのある物質が数多く含まれているのですから、腸の表面が傷つくのも当たり前です。」


というのを読んで、


先生が処方してくれた薬の中に胃炎の薬があって、


「胃炎の薬だけど、じんましんを防げるから。」と言っていたのが、よく理解できました。


薬を飲み始めてから、パタッとじんましんが出なくなった次女。


私が気を付けて、食べるものを選ばないといけないんだろうけど、


危険なものを、添加するのは、ホントやめてもらいたい。

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

こんにちは

添加物にアレルギー反応が出たんだね!ある意味悪いものに反応するわけだから、健康体って感じがするね。
アメリカに住んでる弟の奥さんもコストコで買ったプチトマトがいつまでも腐らないから怖くなったって言ってたよ。一緒に買ったぶどうの表示に亜流酸塩っていう防カビ剤が書いてあって、子どもに食べさせるのやめたそうです。亜流酸塩を調べてみたら輸入ワインとかに入ってる酸化防止剤なんだよね。でもやっぱり発がん性物質のようで、赤ワインもポリフェノールが体にいいとか言って飲んでても違う面で添加物を取ってたんだと思うと怖いよね。
個々で注意していかなきゃ、意外と危険がいっぱいだね。

代替画像

Re: こんにちは

Ina-chan、元気かな。
なるほど~。健康体ってことなんやね・・・。次女は今まで体調のこととかは、なーんにも気にすることなくて、病気もしないし元気だったのに、急にじんましんが続くようになってしまってね・・・。一人で、あれか、これか?って原因を探っていた時は、わかんなくてどうなるかと思ったけど、薬を飲んだらすぐに止まったから良かったよ。
ホント、よく気をつけていないと、ほとんどの市販のものには、何かしらの添加物が入っているから、怖いね・・・。それにしても、トマトやブドウにまで・・・。売る方は長持ちしてくれないともうからないからなんだろうけど、よーく考えてほしいわぁ。