最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

会心の出来!な死者の日のパン

死者の日の前にだけ売られるパン、Ojardra(オハルドラ)。


初めて作ったのは、10年前の11月。


長男と二人でパパの実家に遊びに来て、パン作りを教えてもらって以来、大好きな味。


2年前には、「オレンジ&シナモン風味<死者の日のパン>完全レシピ」で、


好きなレシピを完成させたけれど、


去年、お友達のレシピのパンを食べさせてもらって、さらにリッチな味が忘れられず。


まずは、そのレシピをそのまま作らせてもらって、おいしさ再確認。


そのレシピを参考にさせてもらい、2年前のレシピをさらにおいしく改良すべく、コンデンスミルクを加えました。


さらにバターと卵は約1.5倍、その分、水分を減らして、この時期だけの贅沢なパンに。


照り用の卵黄は、同量の水で溶いてから塗ると、さらにきれいに仕上がる!
IMG_0570.jpg
自分の中では、会心の出来!おいしーー!


↓改良版レシピです。
RECIPE  Pan de muerto(死者の日のパン)

直径15cm高さ10cmのパン5個分

(材料)
小麦粉  500g
無塩バター  120g
砂糖  130g
塩  5g
シナモン  大さじ2(8g)
コンデンスミルク  50g
オレンジの皮(すりおろし) 1個分
オレンジ果汁  80cc(約1/2個分)
全卵  3個
卵白  1個分
(卵黄は、仕上げに塗るので置いておく)
ドライイースト 5g
白ごま 大さじ2


あちこちに配る分もあるので、ホームベーカリーに500gの粉×5回まわして、


もういいっ!ってくらい食べて、また来年。


今日は、祭壇に飾っていたお花をお墓へ。
IMG_0566.jpg
毎年のことながら、この時期のお墓は花があふれていてとってもきれいです。

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

HIROKOさん、こんばんは~。
私も、今日死者のパン、焼いてました~。
先週末も思い立って、焼いてみたんだけど、うまくいかなくて、今日はリベンジ。
家族はまぁまぁと言ってるけど、もう一息って感じ。
今度はHIROKOさんのレシピを参考に、コンデンスミルク、使ってみます!

なんだか遠いところで、一生懸命同じことしてたっていうのが、可笑しく、うれしく。

代替画像

Re: No title

Mioさん、おはよー、元気かな。
やっぱり、この時期が来ると焼かずにはいられないね、このパン。思い通りの味や食感、見た目、難しいよね~。年に一度だから余計。私が参考にしたレシピは、COOKPADにも載ってるのー、あとでメールするね。