最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

虫20匹の宿題

週末の幼稚園の宿題は、「死んだ虫を20匹もってくる」こと。


先週は、「虫について調べてノートに書く」とか、「虫眼鏡をもってくる」とかいう宿題が続いたので、


虫について学んでいるみたい。


宿題を聞いた時は、20も~!と驚いたけれど、


畑へ行けばなんとかなるかな・・・。


とりあえず、家の中で、巨大蜘蛛、ハエ、ダンゴ虫、


体長2cmくらいだけど両側に足がいっぱいの虫を捕まえ、


今日、土曜日はパパが畑で仕事だったので、ちょうどいいと思っていたら、


当の本人の次女が風邪気味。


喉が腫れていて体もだるそうなので、長男に「よろしく!」と託した。


でも昼ごろになって、次女が意外に元気なので長女と3人で公園へ。


公園の横に住んでる子に「おーい!」と挨拶したら、


前に長女が言ってた「あの子、蝶々捕るのすごく上手いんだよ!」を思い出し、


長女に「頼んでおいで!」と言って、呼びに行っている間に、


蜘蛛、アリ2種類、蜂、バッタが、意外に簡単に。
IMG_0599.jpg


蝶々名人(?)の弟くんのお姉ちゃんと長女が、蝶々を追いかけ始め、


捕まえた後は弟くんも加わり、あれよ、あれよ・・・。


ベンチに座っておしゃべりしているだけで、
IMG_0609_20141109042838dde.jpg
「あ!なんか来たよ!」「あれ何!捕まえろー!」って感じで、


「捕まえてください」と言わんばかりに集まってくる。


それだけイロイロいるってことね。


武器はこれだけ。
IMG_0610.jpg


12!13!と次々集まり、小一時間、遊びながら虫捕りを楽しみ・・・。
IMG_0605.jpg


それにしても、アリだけでも4種類。おなじみの小さくて黒いのから、


噛まれたら真っ赤に腫れる、1cmサイズの茶色いのとか、


体長3cmくらいの毛が生えたのが2種類。赤×黒と、茶×クリームのおしゃれな毛。


いろいろいるね~。


「そろそろ行こっか」と話していたら、


弟くんが、真っ黄色の毛がフサフサの毛虫・・・(嫌ー!)を捕まえてきてくれて、


16種類も虫が集合。


あとは長男を待って、取捨選択。公園で16なら、畑でどれだけ捕まえてくるかな。


なかなか楽しい宿題でした。

top↑

コメントの投稿

secret