メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
プエブラ土産通りのポソレ屋さん
2015年01月26日 (月) | 編集 |
プエブラへ観光などで来たら、誰もが立ち寄るスポットEl Parian(エル・パリアン)。


プエブラの特産品を売るお土産物屋さん通り。


今日はお土産の話ではなく、おいしいポソレ屋さんがあったのでご紹介。
IMG_1385.jpg


年末年始の旅行の後、家まで遊びに来て3泊してくれた妹。


メキシコシティから家へ向かう車で、車酔いのような感じで体調が悪くなり始め、


次の日は、熱が出てたりして、半日寝込み。


2年前家で大風邪を引いて寝込んだ父といい、日本の家族にとって、家は鬼門なのかも。


でも、せっかく来たからと、少し調子が良くなった日にプエブラ市内まで。
IMG_1376.jpg
セントロからパリアンまでの定番コースをぶらぶら。


お腹の調子も良くないし、食欲もあまりない妹と、何を食べたらいいかなぁと考えていて、


思い出したポソレ屋さん。


スープものだし、お腹にも少しは良いかなと。


去年、たまたま店の前を通りがかったら、外までお客さんが並んでいて、


今度来たら、絶対行こう!と思っていたところ。
(その今度がなかなか来ないから、つい忘れる・・・。)


その名もPozoleria Matamoros(ポソレリア・マタモロス)。
IMG_1398_20150126014606eeb.jpg
Pozole Blanco(ポソレ・ブランコ:白のポソレ)が有名な、プエブラ州の街Izcar de Matamoros(イスカ・デ・マタモロス)が店名の由来かな、たぶん。


ポソレとは(←リンクをクリック)


本場のMatamoros(マタモロス)で食べた時の絶品に比べたら、「中の上」なおいしさだったけど、


気に入ったのは、スープの味が選べるところと、
IMG_1388.jpg
トッピングの野菜が別皿でたっぷり付いてきて、好きなだけのせられること。


サイズと、中に入っている肉の種類や部位が選べるのは普通だけど、


スープの種類も、さっぱりのPozole Blanco(ポソレ・ブランコ)か、ちょい辛のPozole Rojo(ポソレ・ロホ)が選べるのが嬉しい。


客席は2階にあって、階段がまたプエブラぽくて、可愛かった。
IMG_1396.jpg


お値段は、一番安い、豚肉入り・白・ミニサイズ34ペソから鶏肉入り・赤・大サイズが63ペソまで。


今後は、お土産探しの後の定番コースになりそうです。


Pozoleria Matamoros
Calle 6 Norte 1 Colonia Centro 72000 Puebla


店を出たら、Chapulines(チャプリネス:バッタのフライ)が売っていたので、試食。
IMG_1401_2015012601455567d.jpg
絶叫する妹をパチリ。


体調が万全だったら、行きたいところはもっとあったけど、また次回!の楽しみにしよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック