メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
サルサを学ぶ
2010年10月12日 (火) | 編集 |
メキシコ料理にかかせないもの。
トルティーヤ、フリホレス、サルサ。
日本の食事に例えれば、それぞれ白米、味噌汁、漬物みたいな存在。

これさえあれば、なんとかなる…的な、
そんな漬物みたいな存在のサルサの作り方を、一度きちんと習っておこうと思い、お義母さんに教えてもらっている。


RECIPE  基本のサルサ(サルサ・トリコロル)

ローマトマト 250g
青唐辛子 50g
シラントロ 15g
玉ねぎ 15g
塩 小さじ1
水50cc

(作り方)
1.トマトと唐辛子を、弱火の直火でじっくり焦がす。
salsa5.jpg
(10分くらいかけて、ゆっくり火を入れ皮を焦がします。)

2.1.の全体がよく焦げたら、ビニール袋に入れ密封し、10分ほど放置した後、皮をむく。
↓皮をむいた後。
salsa6.jpg
(火からおろしてすぐに皮をむいてもよいが、密封袋で放置したほうがするっとむける。焦げが多少残りますがそれも旨みのうち。)

3.2.と他の材料をミキサーにかけ、味を塩で調整し出来上がり。
salsa7.jpg


RECIPE  サルサ・ベルデ

トマテ(青トマト) 3~4個
青唐辛子 50g
ピピチャ(orシラントロ) 15g
ニンニク 1かけ
塩 小さじ1
水50cc

(作り方)
1.鍋にお湯を沸かし、トマテと青唐辛子を5分くらいゆでる。
salsa1.jpg

2.1.とその他の材料をミキサーにかけ、塩で味を調整し出来上がり。
salsa3.jpg

ちなみに、ピピチャとはこんなもの。
salsa2.jpg

私は、サルサベルデにアボカドを刻んで入れたサルサが好きで、それを作りたいとお義母さんに言ったら、それなら、シラントロよりピピチャのほうがおいしいわ、とのことでした。


Salsa Verde Con Aguacate(アボカド入りサルサ・ベルデ)
salsa4.jpg


こういうサルサは、今まであまり自分で作ったことがなかったのですが、習ってみると、基本のサルサには玉ねぎ、サルサ・ベルデにはにんにくを入れる違いがあったり、シラントロとピピチャの使い方の違いを教えてもらったり…、もっと早く習いにいくべきでした。それぞれの家庭によっても、材料や辛さに微妙な違いがあり、その家の味というものがあるサルサ。次回は、どんなサルサを習おうかな。


↓ 応援よろしくお願いします。   クリックしてもらえると順位があがります。↓
                       にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
勘違い
タイトルを見てHIROKOさんが踊る方のサルサを始めたのかと思ってしまいました(笑)。お義母さんとのメキシコ料理講習、楽しそうでいいですね。サルサも美味しそうです。ところでピピチャ!私の記憶が正しければ食べたことあります!ピピチャ入りのサルサは未経験ですが、相方の実家で食べた時はタコスにしたお肉の上にむしった葉っぱを載せて食べました。シラントロと違った香りでまた美味ですよね!
2010/10/14(Thu) 06:40 | URL  | はぽねした #awEUW5xo[ 編集]
Re: 勘違い
はぽねしたさん
そういう誤解を受けるかなぁと思ったのですが、断り書きをいれるのもなんだし、そのままにしてしまいました。踊る方のサルサは習う気全然ないですね~。
シラントロが好きなら絶対ピピチャもいいですよね、あの独特の香り。うちの旦那は、さすがメキシコ人。キッチンに入ってきた瞬間、あ!ピピチャのいいにおい、と気が付いていました。
2010/10/14(Thu) 13:11 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック