メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
二度目の進級テスト
2015年03月30日 (月) | 編集 |
今日は、長男・長女のテコンドーの進級テスト。


3カ月前の初めてのテストの時に、


テストを受けさせてもらえるってことは、よっぽどのことがない限り進級できると分かり、


テスト日が近づいても緊張もなく、大丈夫でしょ・・・って思っていたら、


なんと、テスト前日、


テコンドーへ行く途中、自転車の二人乗りで転んで、泣きながら帰ってきた長女。


手もヒザもズルむけ。
IMG_2160_20150330151357282.jpg


その日は、土曜日で、いつもは練習のない日なんだけど、


先生が、特別にテスト前日に練習日を設けてくれて、参加予定だったのに、


事前に決めていた出発時間になってもパパが見当たらない。


車のカギも見当たらないから、私が一人で連れて行くことも出来ず。


さっきまでテレビを見ていたのに・・・どこ行ったんだろーって、


みんなで外を探し回り、練習5分前になっても見つからないので、


長男が自転車で行く!と言うから、送りだし。


前にもこんなことがあって、実は羊の小屋に居たってことがあったから、


もう一度探しに行って戻ってきたら、「子供たちは~?」ってパパの声。


探し物が、何度も探したはずの良く見える場所にあった、ってことはあるけど、


探している人が、探したはずの場所に実は居たって・・・


そんなことが何度も起こるって・・・おかしくないか。


長男のベッドで仮眠していたらしい・・・。


テコンドーの練習のあるふもとの町に住む親戚から、


ピザのホールを2枚注文されていた(初の大口注文!)ので、届けるついでもあり、


練習にはとりあえず行ったけど、長女は参加できず、


長男はテスト項目のおさらいだけして、すぐに帰宅。


長女は、今日のテスト当日も、テストどうしよう・・・って迷ってる感じだったけど、


次女と二人で遊んでる様子は、いつもと変わらず大声で歌を歌ったりしてるし、


大丈夫っぽい。


膝が打ち身になっているから、キックにしても、動きすべてが痛いだろうし、


右手の手の甲が一番ヒドイ怪我だったから、コブシを突くのもキツそうだけど、


テストのその時だけ、痛いけどガマンして、頑張ってみな!ってチャレンジ。


そしてテスト本番。


ものすごく緊張してたけど、とても怪我しているように見えない格好よさ。
IMG_2138_20150330151359eb6.jpg


よく頑張った!
IMG_2147.jpg


ママが言ったこと思い出して、痛い顔しないでやったよ、って、
IMG_2145_201503301514006b4.jpg


自分でもがんばったって感じているらしく、いい顔。
IMG_2158.jpg
二人とも無事、進級できました。おめでとう。


また明日から頑張ろう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック