最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

畑でカレー

春休み、真っただ中。


いつものように、どこへ行くでもなく、過ごしている毎日。


朝ごはん(という名の、朝と昼の間の時間に食べるご飯)を用意していると、


向かいの公園を挟んで、向こう側に住んでいる、姪っ子がやってきて、


「今携帯にメッセージが来たよ。パパが、畑にご飯持って来てだって」。


あれ?馬を借りに行くっていったのに、


義兄の畑に寄って、そのまま手伝っているらしい。


ちょうどいいから、鍋ごと持って行って、みんな畑で食べてしまおう計画。


しかし、すっかり便利な時代になったね。


今は村でも若者はほとんどが携帯を持って、


Line(ライン)と同じようなWhatsAppというアプリで、メッセージを送り合う。


村には、最近ではふもとの的役場が提供するWifiがあるので、


ほとんどお金をかけずに、コミュニケーションできる。


今までなら、パパは自転車で戻ってきて、


みんなのご飯やら飲み物やらを両ハンドルにかけて、


フラフラしながら、また畑へ戻って行ってたのにね。


私は携帯を持たないので、


「自転車がないけど、何で、ご飯持って行けばいいの?」


と姪っ子にメッセージを送ってもらい、


「車で来てよ。」というので、


うちの子3人と甥っ子2人の子供5人を連れて、


自分たちのカレー鍋と、中には5合のお米の入った炊飯器と、


皿やスプーンや飲み物や諸々用意して、


お義母さんからは、畑で仕事をしている義父、義兄、義弟のご飯を預かって、


出発。車なら、何でも持っていけるからいいなー。
IMG_2180_2015040909471415a.jpg
いやー、畑に来たの、いつぶりだろう。気持ちいい。


結局、10人全員がカレーを食べるので、鍋は空っぽ。


子供たちが、石拾いのお手伝いをしている間、パパと自転車で、
IMG_2183.jpg
今年、新たに種まきをする畑を見に。


いい風~。


トウモロコシが育ってしまったら、見晴らしゼロになるので、
IMG_2184.jpg
今が一番、畑が広く感じる時期。

top↑

コメントの投稿

secret