メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
卒業式にて
2015年07月22日 (水) | 編集 |
母来墨のもともとの目的は、次女の卒園式に出席することだったけれど、


今年の卒園式の内容は、


毎年のプリンセスのようなヒラヒラドレスで踊るダンスはなく、


国旗を下級生に引き継ぐだけ。


せっかく来てもらうのに、目玉イベントがなくては残念・・・と思っていたら、


小学校の卒業式は、各学年がダンスを踊るようで、それを観に行けるのでホッとしました。
PIC_0032.jpg


去年の小学校の卒業式は、ダンスなどはなかったから、内容も、ダンスのある・なしも毎年話し合い。


式の日程も、また話し合いで1ヶ月半くらい前に決まるので、


日本から来てもらうには、旅行の日程を先に決めなければいけなくて、


その期間にうまく卒業・卒園式が入ればラッキーという感じ。


学校の年間行事は始業の時に決まっている、日本の完璧すぎるシステムに慣れていると、


カルチャーショックとまで言われるほど、びっくりされる。


小学校の式は、終業の日の1週間前の日に決定し、うまく日程に合ったけれど、


案の定、卒園式のほうは、終業の日に決まり、母の帰国の1日後。


国旗引継ぎだけとはいえ、次女の式は観に行けず・・・。


でも、卒業式の内容は、それを埋めるに十分なくらい素敵なダンスでした。


長女は、オアハカ風な衣装でパイナップルを持って踊るダンス。
PIC_0001.jpg


パイナップルを飾る花は、パパが花を切って来て、デコレーションしたもの。
PIC_0025.jpg


長男は、いのしし狩りのダンス。
PIC_0067.jpg
3年前に踊った、海賊風な衣装のダンスの時の刀を再利用。置いておいてよかった。


イノシシのやられ具合が、あっさりすぎたけど。
PIC_0073.jpg


1・2年生の女子は、もう1種類。
PIC_0084.jpg


さいごまでキメキメで、きれいで格好よかった。
PIC_0090.jpg
長女一人だけ、衣装が違うのは、観客の皆様には気づかれなかったかな・・・。


そして、今年も、成績優秀者として表彰状を頂きました。
PIC_0038.jpg
長男は5年連続、長女も2年連続、Primer Lugar(一位)の表彰状。


自分が「一番」とか呼ばれるものになったことがないから、正直すごいなぁ・・・って感心してしまいます。


今年の卒業生のテーマカラーは、水色とライム色の中間色。
PIC_0060.jpg
お店に毎日のように買いに来てくれていた子たちが卒業なので、


またいつもと違った感慨深さのあった式でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック