最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

年に一度のコロコロ

さぁ、今年もこの時期が来ました。
IMG_0782.jpg
Hojaldra(オハルドラ:死者の日のパン)


このパンへの熱い思い入れは、


毎年この時期になると、何度もブログ記事にしてきましたが、


いつか、絶対このパンを売りたいと思っていたのです。


このコロコロが楽しい。
IMG_0776_2015101910290256d.jpg
骨に見立てたパンです。


毎年、10月末になると、村でも、


普段パンを売っていないお店や、家や、いろんなところで、


「死者の日のパン売ってます」って村の放送が流れるんだけど、


半分以上は、高いだけ。


「うーんイマイチ」っていうパンや、正直「おいしくない!」って思うパンもあって。


10月に入って、スーパーなどでは、すでに死者の日のパンを売っていると聞いて、


今年は売るぞ!と、


先週から、お店に並べ始めました。


普通のホームベーカリーと、普通の家のオーブンでパン作りしているので、


平日、学校帰りの子供たちに売るパンも合わせて、もう、キャパいっぱいいっぱい。


そんなにバカ売れしてくれなくていいので、うちの基本は、アナウンスなし。


子供たちの口コミで、これから、どれだけこのパンが売れるかな。
IMG_0780_20151019102857e02.jpg


数年前に、<完全レシピ>として、ブログにも載せたけれど、


そこからさらに微調整しています。


毎日仕込みながら、シナモンとオレンジの香りで、うーん、いいにおい。


コロコロ、ころころ楽しんで、


さらに食べておいしい。幸せなパンです。

top↑

コメントの投稿

secret