最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

迷いに迷って決めた日程

ベストな日本帰省は、春だけど、


今年の帰省は、大学のサークル仲間の同窓会に合わせて帰ろうと思っていました。


大学を卒業して20年~!(はやいしこわい)。


今年の春先から、秋の連休のどこかで集まろうという話になってきたので、


今年の帰省は秋!と、決め、


秋なら、稲刈りも、運動会も、食欲の秋も~!


と楽しみがいっぱい。


日本の秋は、9月も10月も11月も連休があるんですね。


懸案は、1つ。


長男と長女が通うテコンドー。


3カ月に一度、昇級試験があるので、これだけは外せない。


そう考えると、帰るのは10月か11月だなぁ・・・。


まぁ、毎回のごとく、あれこれ、あれこれ思いを巡らし、


最終的に、同窓会の日程が11月下旬の連休に決まり、


テコンドーの試験に影響がないようにするには、


11月に3~4週間の日程で帰ろう!というところまでは、なんとなく固まって・・・。


ここから、航空券さがし。


直行のAeromexico便は、秋のこの時期は、いつもに比べ価格もかなりお手頃。


10数万なら、今まで経由便で帰っていた米系の航空会社のチケットと変わらない値段。


一番安く買えそうな日程で、


10月31日(金)メキシコ出発、帰りは11月25日(木)日本出発がベストかな・・・と


だいたいの期間も決まりつつあるのに、


ただ・・・、何なのか分からない、


行きたくない・・・・・・というような感情が、どこかにあって。


日本へ行きたくないわけはなく、むしろ楽しみなことは、たくさんあるはずなのに、


なんなんだろぅ・・・とずっとモンモンとしていました。


気になっているのは、2つ。


毎日、玄関先のお店に買い物に来てくれる子供たちのこと。


それから、日本の祖母のこと。


秋に絶対帰ろうと思ったのは、夏の終わりから入院している祖母のお見舞いがしたかったのも1つ。


ただ、病状を聞く限り、


もしかしたら、これが最後になってしまうかもしれないという厳しい状況で、


会ってしまえばそれが現実になってしまう。


それが悲しくて、認めたくない気持ちがものすごく大きかった気がします。


会いに行きたい・・・、でも・・・、


ここで会えなかったら絶対後悔する、でも・・・、


の繰り返し。


早く決めないと、一番安い料金設定の枠のチケットもなくなってしまうのに、


10月に入っても、まだ決めきれずにいました。


楽しみなことをたくさんリストアップしよう!と思っても、


この時期では、運動会も、九州で農業をする弟の田んぼの稲刈りの時期も過ぎていて、


どうしてもここへ!とか、なんとしても日本でこれがしたい!なんてことも思い浮かばず、


今年は帰るのやめようかな・・・とまで考えた日もありました。


そんな自分の気持ちばかりに気が行って、


よく考えてみると、日本へ行くのが楽しみなのは、私だけではなく、


子供たちも同じ。


今では、小学校の行事予定もネットで確認できる時代。


子供たちが日本で通う学校の楽しいこと、探してみようと、


11月の行事予定を見ていて、2年生の遠足が11月の最後にあることがわかり、


長女が日本の小学校へ通う最終日に遠足に行ける日程で、


帰国を当初の予定より数日伸ばすことに。


そんなこんなをしているうちに、当初の出発予定の日も、


一番安い料金枠のチケットがなくなってしまい、


出発も数日早め、


もう迷っている暇はない!と出発日の2週間前に航空券を購入しました。


そんな迷いが、何かに影響するとは、これっぽっちも想像せず・・・。

top↑

コメントの投稿

secret