最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

車のカギが見つからない

月曜日の4時前。


テコンドーの練習に出発する時間。


いつも鍵をかけてある場所に、車のカギがない。


カバンの中にもない。


先週の木曜日に、同じくテコンドーの練習から戻って来た後は、


一度も車を動かしていなくて、


土曜か、日曜だったかに、


「窓が1cmくらいだけ開いたままだよ」とパパに言われて、


キッチンの勝手口から車を見たら、確かに窓が少~し開いていて、


その後、パパが長男に「窓を閉めておいて」と頼んだのがカギを使った最後。


長男曰く、カギは、私のカバンの中にあって、


窓を閉めに行って、戻ってきて、またそのカバンの中に入れたと・・・。


でも、カバンを全部ひっくり返しても、出てこない。


そのカバンの周辺から始まり、


家じゅうを探したけど、出てこない。


冷蔵庫の中まで探したけど、ない。


少し前に見た妖怪ウォッチで、妖怪のリモコンカクシが隠す一番難しいレベルでは、


冷蔵庫の中にテレビのリモコンが隠されていたのでね。


服のポケットやソファの折り目、靴の中、オーブンの下、


もう、絶対こんなとこにはないだろう・・・というところも全部探したけどない。


残念なのは、その日の記憶をたどっても、


長男が窓を閉めに行っているシーンを誰も目撃していないこと。


窓は閉まっているので、閉めに行ったことは確かなようだけど・・・。


週末だったので、小さな甥っ子も遊びに来ていて家に入っているし、


もし家の外に置き忘れて来たとしたら、家族も多いから、誰かがどこかへ持って行ったとしても、


どうにも探しようがないな。


ちなみにスペアキーは、もともとなくて、


後からだったら何とでも言えるけど、なんで作っておかないの・・・と。


スペアもない車のカギを新しく作るのって、いくらかかるのかなぁ。

top↑

コメントの投稿

secret