メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
カギ、ありました
2016年01月24日 (日) | 編集 |
車のカギが見当たらないと書いた翌日。


学校から帰って来た長女が、手でカギをブラブラさせながら「ママ、うれしい~?」。


はっ?


学校にあったの??


一瞬のうちに、またいろいろと疑いをかけてしまいましたが、


なんと、


長女の学校のカバンの中にあったそうで。


「ママのかばんに戻した」と言った長男、


本人は、私のかばんにポイッとやったつもりだったかもしれませんが、


長女のカバンに入り、


そのカバンの、薄くて、奥が深いポケット部分に、


ノートと一緒に押し込まれ、


月曜から木曜まで、かばんの奥底に潜んで、毎日学校へ行っていたということ。


毎日、気が気じゃなく、必死に探していた間、


学校へ行っていたのか。


庭の植え込みから、引出しのパンツや靴下の下の下まで探したのに、


長女のカバンは、2回ほど手を突っ込んで、


「ここにはないよね・・・」と言ったはずなのに。


とにかく、あってよかった。


早速スペアキーを作りに鍵屋に値段を聞きに行ったパパ。


2,500ペソ(約2万円)~!!


ウソでしょ。


スペアがなくても、それより安く作れるだろうと想像していたのに、


コピーキーを作るのに、そんなに?


鍵屋じゃなくて正規ディーラーに聞きに行くことにします。


あぁ、ほんと良かった。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック