メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
私書箱代
2016年01月31日 (日) | 編集 |
年が明けると、


あぁ、もうその時期か・・・と毎年感じる、


郵便局の私書箱の契約更新。


もう今までに何度も書いたけれど、


うちは、郵便配達のサービスエリア外で、


家に郵便配達が来ないので、


郵便局がある一番最寄りの町(家から車で30~40分)のところに、


私書箱を開けています。


必要書類は、身分証明書と住所の証明書、そして300ペソ/年。


以前は、東京から母が年に数回荷物を送ってくれるのを受け取るだけでしたが、


今では、大阪から父もよく荷物を送ってくれるし、


友人から古着を送ってもらったり、


大学の同窓会報が、4半期に一度届くのが楽しみだったり、


おかげで、メキシコの僻地でも日本を感じながら過ごすことができる、


大切な窓口。


荷物を受け取るたびに、よくこんな所まで来たねぇ・・・と。


というわけで、今年も契約更新。


いつか、家まで郵便が届く日が来るのかなぁ・・・。
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
こちらカナダは超暖冬で本日+10℃。
例年とは違う季節感。
メキシコの日常は、日本で言うところの当たり前のことが当たり前に出来ることの喜びというのでしょうか、、
そう感じることが多かったです。
ある意味、サプライズも多かったです。
先進国カナダにいると、すべてが当たり前に出来ているので、日常が平坦です。その分ストレスなくボケーと、、、そんな日常も幸せです。
1日1日、楽しみたいですね。
2016/02/02(Tue) 16:54 | URL  | きんぐ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
キングさん、お久しぶりです。お元気ですか。
カナダも暖冬なんですね。でも10℃は、メキシコでは極寒ですね・・・。
こちらは1月中旬は寒かったですが、2月に入って随分ましになりました。
当たり前のことが、当たり前にできる喜び・・・ホント、そうですね。
随分と慣れてきたとは思っても、やはり何年経っても私の標準は日本だというのは変わらないので、
メキシコの通常は、私には非日常で・・・。
仕方ないなと、あきらめで気持ちを解決させることには慣れたのでストレスに感じるほどではないですが、
郵便も、いい加減、家まで来てくれてもいいんじゃないかと思って見たり。
いつか平坦な日常が来てほしいと期待する方が間違っているのかもしれませんね。メキシコでは。
2016/02/03(Wed) 13:57 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック