最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

母の日のプレゼント

火曜日は、メキシコの母の日でした。


五月の第二日曜日という日本やアメリカと違って、メキシコでは毎年5月10日。


小学校には、Arte(芸術)の教科書はあるのに、それらしい授業をやっている様子はなく、


今まで日本の図画工作のようなことはまったくしなかったけれど、


最近は、少~しだけど学校で作ったもの、というのを持って帰ってくるようになりました。


母の日にも。
IMG_1975_20160513011140302.jpg


長男は、なんと手刺繍。(周りのヒラヒラは、最初からついていたみたい。)
IMG_1979.jpg
メキシコの家庭に欠かせないトルティーヤを包む布です。


家で何かコソコソやってるなぁ~と感じながらも、


知らないふり。


でも時々、「ママ~糸通してー」と来るので、なんとなくは察知してましたが。


手作りのてさげ袋もカワイイです。


次女は、なかなか凝った作品を作ってきました。
IMG_1978a.jpg


<木製>の洗濯ばさみを持ってくるようにと、1週間前から言われていて、


探し回っても売ってなく、


結局、母の日前日に5色くらい入っているプラスチックのを1袋持って行ったら、


母の日に戻ってきたのは、10数個・・・。


いや、いいけどね。


持って来てない子は、持って来た子のを使ってよいというのが、なんとも。


でも、黄色だけ選んで作ってくれたのは、


「ままきいろすきでしょ」って。6歳にして母の好みをよーく理解している!


「ママがちゃんとわかるように、日本語でもかいといたからね」と


メッセージは、バイリンガルで。


長女は、漢字を一生懸命使った、お手紙をくれました。表はお花。
IMG_1977.jpg
最後のほうに、親、父、母、兄、姉、いもうとは忘れてしまって、てへぇ~と書いてあります。


やる気が起こらない時は、まったくがんばれない長女なのです。


自分のことをよーく理解できているのが、なかなか。


でもスイッチ入るとすごいのも長女。がんばれ!


毎日3人のお陰で、「母」親らしくさせてもらっています。ありがとね。
IMG_1942_201605130116553b7.jpg

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

代替画像

Re: NoTitle

鍵コメBさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
子供たちのおかげで、毎日シアワセに暮らせています。