最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

卒業式の楽しみ

ふもとの町の卒園式で、気持ちが疲れて、


その1週間後にあった、子供たちのイトコ頭(がしら)が大学を卒業する式には、


もう行きたい気持ちはカケラもなく、出席を遠慮しました。


パパは随分前から誘いを受けていたようだけど、私は日にちも知らずにいたので余計。


その日は、次女の誕生日当日でケーキを作る予定だったのもあって。


そんなメキシコの卒業シーズンな7月。


幼稚園・小学校の式で楽しみなのは、子供たちのダンス。


卒業生は、必ずドレスとスーツで、ワルツを踊ります。
IMG_2350.jpg
この衣装がね・・・ネックで。


特に女の子のドレス。


こちらは、幼稚園の卒園生。
IMG_2488.jpg
こんなドレス、この日1日しか着る機会ないのに、


生徒全員とその親御さんみんなで街まで買いに出て行って、何百ペソも出して購入。


かわいいし、一生に一度、だけど、


長女のも、この日以降は、ずーっとハンガーにかかっているだけ。


あ、「楽しみ」な話してたのに、話それました。


こちらは、長女。3,4年生のダンス。
IMG_2319.jpg
いかにも私服な、こういうダンスは助かります。


子供たちのハトコくんたち。5年生のダンス。
IMG_2325.jpg
こちらは、レンタル服。


なんだ、レンタルもできるんだと知った今年。


次女の衣装もレンタルでした。
IMG_2284.jpg
さて、日本国旗はどこでしょう。


フルーツのオレンジに、旗を何本も刺したものを持って踊るミチョアカン州のダンス。


密かに、日本国旗を1本刺しておきました。(後ろから3人目。)


1,2年生は、同じ衣装で踊るダンスがもう1つあったのに、
IMG_2303.jpg
次女は、練習が始まってすぐのときに<踊りたくない>と意思表示したらしく、


踊りたくない子は、参加しなくても可(その代り体育の成績に響く)なメキシコ。


せっかく日本から妹が来てくれるのに、踊ったら?と話したら、


やっぱり参加しようという気になって、先生に伝えた時には、


男の子のペアがいないからという理由で、このダンスには参加させてもらえず。


長女も、もう1つ練習をしていたダンスがあったのに、


ダンスを教えてくれていた体育の先生が、最後の週で来なくなってしまって、


キャンセル。


こちらは、衣装も飾りも、すべて手作りで指定があって、


布や毛糸からリボンから、買って、村の裁縫やさんにスカートを縫ってもらって、


お義姉さんに髪飾りや首飾りを作ってもらって、


最後の最後で、やっぱり踊りません・・・って。


こういう時、メキシコの人たちのギリギリになるまで動かない感じが、


理解できる。


前もって用意していたほうが損するっていう、ね。


1つ出し物が少なくなった分、増えたのが4、5年生女子のリボンを使ったもの。
IMG_2297.jpg
これ、綺麗だった。


楽しいことも、がっかりなことも、1つの行事でもあれこれ起こります。


タイトル変えたほうが良かったかな。

top↑

コメントの投稿

secret