最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

小技が効くようになってきた

長男、長女が週に3回通っているテコンドー。


6月末の試験で、帯の色が緑から青に昇級。
IMG_2177.jpg
新しい帯を頂くときは、一人一人、先生が古い帯をとって、


新しい帯に付け替えてくれます。
IMG_2173.jpg


来月、9月末の試験で、テコンドーを始めてから、丸2年。


先日の大会では、小技が効くようになってきた!と成長を感じました。
IMG_2811.jpg
去年も出た、プエブラ市内の大きな大会へ今年も参加。


最初のうちの試合は、とにかくわけも分からず基本の蹴りのみで、


前に突き進むだけだったのが、


足もよく上がるようになってきたし、
IMG_2818.jpg


相手の動きを落ち着いて見られるように。
IMG_2821_20160805042800a5b.jpg
ここ最近は、負け知らず。


絶叫で応援しながらも、安心して見ていられる内容で、


去年の同じ大会で感じた変な緊張もなく、上手になってる!と実感できる内容でした。


所属している団体が開催する試合にしか出たことがないけれど、


テコンドーの試合ってこんなものなかのかな。


同じ帯色の子を背の順に並ばせ、


前から順に、同じような背丈の子を3人組にし、


その3人で、1位、2位、3位を決めるシステム。


テコンドーを始めたばかりの白帯、オレンジ帯のうちは、勝っても負けてもメダルをもらえるのは、


記念になっていいのかなぁと思っていたけれど、


段々と上級になってくると、


3人のうちの2人が戦い、勝ったほうの子が残りの一人の不戦勝の子と戦って、


1,2,3位が決まるって、なんだか簡単すぎる内容。


せめて5,6人が一組で、勝ち抜いて一位を取った!っていう内容のほうがいいのに。


もっと色々な団体が参加するような公的な試合は、また違うのかな・・・。


パパは、どんどんたまるメダルを眺めて、リサイクル業者にも売れないし・・・と、


ブツブツ言っています。

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。