メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
パスタを炒めてから、ソースで茹でるという調理法
2016年08月17日 (水) | 編集 |
メキシコでは、パスタは、乾麺の状態で油でさっと炒め、


その後、ソースで茹でる、が一般的。


メキシコに来るまでは、パスタと言えば、


たっぷりのお湯に塩を入れて麺を茹で、


ソースはソースで別鍋に作って、最後に混ぜ合わせるものというのが、


当然の作り方で、


それ以外に作り方があるなんて、思いもしなかったけど、


手軽なパスタ料理が、さらにひと鍋で作れるなんて!


すごい!


メキシコのパスタ料理は、麺にトマトソースがからまっているところに、


チーズがパラッとかかっているようなものが、ほとんどで、


野菜やシーフードなど、具入りのパスタが出てくることは、まずないけれど、


それでも同じ調理法で、具入りでもできるよね?とやってみたら、


あら、簡単。


何も今日初めて作ったわけではないけれど、なんだか急に紹介したくなったので、


今日は、イカとブロッコリのトマトソース。


ブロッコリの茎の角切りと、イカをフライパンで少しの油と炒めたところへ、
IMG_3036.jpg
半分に折った麺を加え、さらに炒める。


ミキサーで水と混ぜたトマト、ニンニクを投入。
IMG_3039_20160817133125b4b.jpg


さらに、具(イカとブロッコリ)を追加して、茹でる。
IMG_3043.jpg
コンソメも投入。


麺も茹ってきました。
IMG_3044_20160817133128249.jpg
味をみながら、塩で調整。


麺がお好きな茹で加減になったら、火を止め、出来上がり。
IMG_3046.jpg
ガス代も節約。大きな洗い物も半分。嬉しいレシピです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック