最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

英語の授業が心配

メキシコの公立小学校では、英語は必須科目ではないので、


村の小さな小学校では、英語をまったく勉強しないまま卒業した長男。


今週から中学校に入学して、1週間過ごし、


一番心配なのが、英語の授業。
IMG_3077.jpg
他の科目も、教科書が分厚い!!


ABCも、単語も何も、挨拶の1つも知らないのに、


教科書を開くと、Lesson1は、いきなり「Can you fix my computer?」。


どうすんの。


家から45分ほどかけて、他の地域まで越境通学している長男。
(境らしい境があるのかどうか、定かでないけれど)


今通っている中学校のある地域では、小学校から英語の授業があったのかも。


英語を教える気なんて、今までまったくなかったけれど、


これは、家で教えないと、まったく授業が理解できないことになるのか。


それとも、これから基礎をやってくれて、


それから教科書に入るのか。


ノートを見ると、挨拶からスタートしている様子。
IMG_3078.jpg
問題は、発音。


Hello!(ヘロゥ)を、スペイン語として読むと「エジョ」になる。


何から教えたらいいのー。


日本語だけでも必死なのに。


どうなることやら。

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

Hirokoさん、こんばんはー。
えっ、レッスン1で!? そりゃみんな英語話せないわけだよねー。って日本の英語教育も?だけど、、、。でもスペイン語から英語の勉強のネックは読みだよね。うちも英語の単語をスペイン語読みしてるのを聞いて、そうだよなぁって。でもでもメキシコの学校ってやっぱり親が家で補習しないといけないようになってるね。本当、親は大変だわ。

代替画像

Re: No title

kigaさん、コメントありがとう。
中学校が始まって2週間。今のところ、英語の授業は、挨拶、動詞の意味を習ってるみたい。心配になるけど、でも自分が日本で英語を習ったときと比べると、ずっととっつきやすそうな感じ。やっぱり同じアルファベットだからかな。Rの発音とかもふつーにできるしね。だけど、毎回、習ってきたことを一緒に復習しないと、先生の発音をメモしきれなかった単語は全部ローマ字読みになってしまうからね・・・。大変だよ~。