メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
すっかり秋
2016年11月01日 (火) | 編集 |
夏時間が終って、今週から時計を1時間戻しての生活。


夏の間も、涼しい日が多いなぁと思っていたけれど、


10月に入って少しすると、空気がグンと冷たくなって、


やっぱり秋はまた、違った涼しさ。いや、これはもう寒さだな。


メキシコは、日本のお盆にあたる「死者の日」が近いので、
IMG_3355.jpg
近くの町へ出かける途中、花畑では収穫の真っ最中。


祭壇に飾るマリーゴールド。
IMG_3341_20161101130713e9f.jpg
花畑の前で買うと新鮮でいい香り。


私も10月中旬からは、毎日、毎日、死者の日のパン作り。
IMG_3266.jpg
Hojaldra(オハルドラ)という名のパン。コブは骨を見立てたもの。


年に数週間だけ作るパンなので、何度かの失敗もしながら、


でも、平日は10個限定。週末は倍量作って、


自分たちが食べる分と、売れていく分で、毎日せっせと作りました。


多少ふくらみが悪かったり、底が焦げたり、形が崩れた失敗をした日でも、


ホントおいしいパンなので、それでもいいから欲しいと言ってくれるのが、


作り甲斐あり。これもあと数日で終わり。
IMG_3386.jpg
今年は、初めてナッツ味にもチャレンジ。砂糖がけのパンも作ってみたかったんだ~。


気が付いたらすっかり秋。
IMG_3375.jpg


伯父さんちのビワがおいしい。
IMG_3376.jpg


マリーゴールドは、リースにもして、玄関にも飾ってみました。
IMG_3361.jpg
茎がすごく固いので、まん丸にならなくて残念。


亡き人を想いながら過ごすメキシコの秋です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック