最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

祝!2度目の小学校卒業

前回の帰省は11月だったので、それから1年ちょっと後になると、冬。


暖かいメキシコで暮らしながら、子供たちが「雪が見たい」と言うたびに、


「いつかは、冬に日本へ行こうね」と何度も話していたので、


今回は、雪が見られる冬に帰省したい、ということだけは頭にあって、


なんなら年末年始の、あの日本独特の雰囲気も味わえるといいなぁ・・・


などと思いながら、帰省時期を練る。


冬に日本へ行くなら、長男は6年生。日本の小学校を体験できる最後の年。


実家のある地元の小学校の年間予定表を見たりしながら、
(今はネットでそんな情報も簡単に手に入るのが、有難い・・・。)


卒業式の時期を確認する。


言った本人は、覚えてなさそうだけれど、


ずーーっと以前、


「日本の小学校の卒業式の時期に来て、日本の卒業証書も手にしたら?」


と、ある人に言われた言葉が、ずっと頭の片隅にあって、


そんなことも思い出しながら、


今回は、3学期をすべて日本で過ごせないかなぁ・・・と考えてみる。


でも、年末年始から3月中~下旬までとなると3か月。


いくらなんでも長すぎるな。


年末年始の航空券代と、1月下旬出発のでは、倍ぐらい値段が違うことも考え合わせ、


年末年始はあきらめて、卒業式に照準を合わせる。


結局2カ月の帰省をさせてもらい、


晴れて、日本の卒業式に出席させてもらいました!
IMG_4208.jpg
感動です。


小学校の卒業証書が、特別に何かの役に立つということはないだろうけど、


メキシコと日本の両方の小学校を卒業できたことは、


きっと長男の中で何かしらの糧になることと思います。


メキシコと日本の良い所をバランスよく身につけて成長してほしいと、


常日頃から考えている中で、


卒業式の練習や、実際の式の雰囲気、友人との絆、


日本でしか体験できないことが、この2カ月でギュッと凝縮して味わえたんじゃないかな。


「卒業式に出られて良かった」と本人も言いました。


日本の小学校を体験したのは、全部で4回。


日本語を、日々手探りで、でも一生懸命に教えてきた自分へ、


よくがんばった自分!のお祝いの卒業式でもありました。

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

Hirokoさん、おかえり〜!充実した日本だったんだね。
長男君の卒業式、なんか読んでて私まで涙だよ。本当、Hirokoさんと長男君がよく頑張ったんだなぁって。卒業証書嬉しかっただろうな。おめでとう〜!今度会った時に見せてね!

代替画像

Re: タイトルなし

Kigaさん
帰って来ましたー。
「おかえり〜!」って言ってくれる友達がいて、嬉しいよ~。
日本は、やっぱりいいね。とにかく、一人で自由自在に動けるのがいい。
サクサク行動できるのがね、気持ちいいよ。
なんでも便利だしね。
卒業式の記事、涙が出るのは、日本語を教える苦労をわかってくれるKigaさんだからこそだよね。
大変さを分かってくれる人、意外に少ない・・・。
今度遊びにきてくれたら、ぜひ卒業証書見てやってくださ~い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。