最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

メキシコにて

日本滞在があと残り10日ほど・・・という頃、嬉しい1通のメール。


アメリカからメキシコの旦那さんの実家へ帰省するお友達から、


誕生日会とプールに遊びに来てね!のお誘い。


何もかもが快適な日本にいると、


「あぁ・・何ならこのまま住んでしまいたい」と思ってしまうことも度々で、


残り2週間、10日、とカウントダウンが進むにつれ、気重になってしまいがちなところへ、


これで、メキシコへ戻る楽しみが1つ増え、


「さぁ帰ろう」と気持ちを切り替える。


その楽しみだった日が、先週末。
IMG_4407_20170418085139993.jpg
子供たちはプールを思う存分楽しんで、1日は、あっという間。


それにしても同じ州内なのに、どうしてこうも遠いかね・・・。
IMG_4393.jpg
広い広いメキシコ。


山道を進むにつれて、生えているサボテンの種類が変化してきて、
IMG_4395_20170418090008042.jpg
をれを観察しているだけで、ものすごく興味深いんだけど、


2年前に通った山道のデコボコは、いまだ舗装が修理されていなくて、穴だらけ。


もしも直線の高速道路があったら、ドアtoドアで1時間半もあれば着くような距離なのに。


倍の時間がかかる。


自分の用事のために、車を運転してくれるパパをぐったり疲れさせるのが申し訳ない。


この道路、ホントなんとかしてほしいわぁ。


プエブラ市内はあんなに高架や高速道路やら、大がかりに工事中なのに、


そのお金、少しここらに回すこと、できないの?


文句を言いながらのドライブも、到着したらそんなデコボコ道の存在もすっかり忘れ、


2年ぶりの再会を喜ぶ。


毎回、もっとゆっくり話・・・って思うけど、
IMG_4422_201704180851419a5.jpg
子連れで会うってこういうもんだよね。


うちの3人の手が離れた分、前回よりはたくさん話せたかな。


それにしても、言葉が通じにくくても、


旦那さんの家族と一生懸命コミュニケーションを取ろうと努力している友達、


えらいなぁ。


私はといえば、メキシコでもすっかり自分のペースで、自分中心に生活している日々を反省。


メキシコ・プエブラつながりで出会えた友人。


次に会えるのは日本でかな。それまでまたメキシコ生活を楽しんでいこう。

top↑

コメントの投稿

secret